市販間近の新型SUVをなぜ見せない? チラ見せされた2020年登場の電動SUV「ID.CROZZ II」とは

フォルクスワーゲンは、新型電動SUV「ID.CROZZ II」のプロトタイプを2019年9月に開催されたフランクフルトモーターショー2019で展示しました。しかし、その発表方法は、ブースの隅にひっそりと目立たないかたちでおこなわれたといいます。チラ見せされたID.CROZZ IIとは、どんな電動SUVなのでしょうか。

怒涛のEV攻勢を始めるフォルクスワーゲン

 2019年9月に開催されたフランクフルトモーターショー2019で、フォルクスワーゲンブースのメインステージには、EVシリーズの「ID.ファミリー」のコンセプトカーが、一堂に展示されていました。すでに、他のショーなどで公開済のモデルとなっていましたが、EVへの関心の高さからか、来場客の注目を浴びていました。

 今回のショーの目玉モデルとしてワールドプレミアとなったのは、ID.ファミリー第1弾となるコンパクトEVの「ID.3」です。フォルクスワーゲンブースでは5台以上、実際に乗り込める展示車両が用意され、発売間近であることを強く印象付けていました。

 しかし、ID.3が注目を浴びるなか、ブース内の隅にはガラスで囲われた場所があり、そこでは「ID.ファミリー」第2弾のSUV「ID.CROZZ II」のプロトタイプがひっそりと展示されていました。目立たない展示方法となったID.CROZZ IIは、どんなSUVなのでしょうか。

2017年のフランクフルトモーターショーで公開されたコンセプトカー版の「ID.CROZZ II」
2017年のフランクフルトモーターショーで公開されたコンセプトカー版の「ID.CROZZ II」

 フォルクスワーゲンは、これまで「ゴルフ」や「up!」など、既存のモデルのバリエーションとして、EVをラインナップしてきました。

 しかし、エンジンとトランスミッション、排気系などを備える従来のガソリン車をベースとして開発されたEVでは、バッテリーやモーターというシンプルな構成のEVならではの良さを、完全に実現することは難しいでしょう。

 そこで、フォルクスワーゲンから投入されるのが、新開発したEV用プラットフォーム「MEB」を導入するID.ファミリーとなります。

 ID.ファミリーは、これまでのガソリン車と同様に、コンパクトカーやミニバンなど、ライフスタイルに合わせたさまざまなモデルの投入が予定されています。

 ちなみに、同じドイツ勢では、BMWは「i3」、「i8」、メルセデスベンツは「EQC」、「EQV」などがあり、これらのモデルがガソリン車のラインナップとは別のファミリーとしてEVモデル群を構成しているのと同じ流れとなっています。

 現在公表されているID.ファミリーは6つのモデルです。

●第1弾:コンパクトカー「ID.3」 2020年発売予定

●第2弾:SUV「ID.CROZZ II」 2020年発売予定

●第3弾:ミニバン「ID.BUZZ」 2022年発売予定

●第4弾:高級サルーン「ID.VIZZION 」 発売未定

●第5弾:「ID.BUGGY」 発売未定

●第6弾:大型SUV「ID.ROOMZZ」 2021年中国発売予定

もうすぐ全容公開!? プロトタイプ版新型SUV「ID.CROZZ II」の写真などを見る(24枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント