ホンダ新型「フィット」登場間近もなぜか現行型の売れ行き好調 新車のモデル末期が売れる理由

「モデル末期」にこだわるユーザーも存在する理由とは

 一方で、クルマに詳しい人のなかからは、「新車を購入するならモデル末期のクルマがいい」という声も聞かれます。

現行型フィットのエンジンルーム
現行型フィットのエンジンルーム

 ここでいう「モデル末期」とは、販売開始から年月が経ち、モデルライフ(発売されてから次のモデルチェンジがおこなわれるか、販売終了するまでの期間)において末期を迎えたクルマを指します。

 モデル末期のクルマと対をなす存在といえるのが、フルモデルチェンジ直後のクルマです。技術的な熟成が進んでいない、いわゆる「初モノ」の新装備が搭載されていることも多く、技術的な不備があると判明した場合は問題となることもあります。現行型フィットがまさにその代表例です。

 2013年に発売された現行型フィットは、新たなハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」を採用し、トランスミッションには7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を組み合わせました。しかし、発売直後の時点ではトランスミッションに不具合が多く、リコールが続発するという事態を招いてしまいます。

 現在は熟成が進み、問題は無くなったのですが、初モノの技術にはこうしたリスクもあるのです。

 ホンダは新型フィットで再度ハイブリッドシステムを刷新し、小型車向けの「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載するとしています。前回の失敗を受けて、今回ホンダは万全の体制を整えると思われます。

 しかし、ユーザーのなかには前回の記憶から「熟成が進んだモデル末期の現行型フィットを購入しよう」という人がいても不思議ではありません。

 全面刷新するとわかっているのに、あえて現行型モデルをユーザーが選ぶ理由は、意外にも数多くあるといえるでしょう。

新型フィットはロゴも変わる! 現行モデルと画像で見比べる(16枚)

【最大88%オフ】春夏の航空券予約スタート 早いほどお得!

画像ギャラリー

1 2

【NEW】自動車カタログはこちら byくるまのニュース

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. ここの記事は売れ行きに惑わされて届け先を取材しないけど新型も新型末期も自家用大義のレンタカーに流れて登録台数を稼いでるの知ってるのか?レンタカーの貸し渡しとして2年は保管する義務はあるが後にレンタカーとして一度も働かずに中古で出回る仕組みを取材したら売れ行き好調?みたいな記事は書けないはずなのだが
    更には所有権で乗る買い手に絞ったら売れてるなんて言えないだろ

  2. ホンダの1LSUVは発売されますか❔