いつ市販化されるのか? モーターショーで話題になったコンセプトカーとは

もうすぐ出る? マツダの新型クーペ

 コンセプトカーのほとんどは、各国のモーターショーに展示され、その後お披露目される機会はあまりありません。
 
 しかし、2017年の東京モーターショーで公開されたマツダ「VISION COUPE(ビジョンクーペ)」は、モーターショー以外にもさまざまなイベントに展示されたほか、テレビCMにも登場するなどマツダの象徴的コンセプトカーとなっています。

近い将来市販化されるかもしれないマツダの「ビジョンクーペ」
近い将来市販化されるかもしれないマツダの「ビジョンクーペ」

 ビジョンクーペは、日本の美意識の本質を突き詰め、「エレガントで上質なスタイル」をつくり上げることを目指すマツダのデザインコンセプト「魂動デザイン」の深化を表現した、次世代デザインビジョンモデルです。

 外観デザインは、シンプルかつスピード感あふれるスタイルとなり、内装では、立体の深みと前後方向への軸によって、スタイリッシュでありながらも余裕のある空間を作り上げています。

 最近になって、マツダは「新型のクーペモデルを開発しているのではないか」といわれています。その噂の根拠には、直列6気筒エンジンの開発をアナウンスしたことやクーペモデルに関するシャシの手続き申請がおこなわれているためです。

 また、ビジョンクーペと同じ場で公開された「マツダ 魁 コンセプト」は、2019年5月に発売された新型「マツダ3」とほぼ同じデザインで投入されたことで、ビジョンクーペも市販モデルに近いデザインだといわれています。

 最後に紹介するのは、ホンダが2017年に公開した「Honda Sports EV Concept(ホンダ スポーツ EV コンセプト)」で、コンパクトなボディに、EV性能と人工知能(AI)を組み合わせ、人とクルマがひとつになったような「操る喜び」の実現を目指したコンセプトカーです。

 スポーツEVコンセプトは、人とクルマのこれまでにない「一心同体」体験をもたらすモデルで、EV専用プラットフォームを採用しています。

 扱いやすいコンパクトなボディに、レスポンスの良い電動パワーユニットを搭載し、モーターならではの力強く滑らかな加速と静粛性、低重心による優れた運動性能を実現。

 デザインは、ロー&ワイドのスポーツカーらしいスタイルを継承しながら、一目で心に残るカタチや、多彩なライフスタイルに自然と溶け込む親しみやすいフロントフェイス、豊かな張りのある形状などを用いて、次世代のスポーツカーデザインを目指しています。

 また、2019年の東京モーターショーで日本初公開される小型EV「ホンダe」は、スポーツEVコンセプトと同じ2017年のモーターショーでお披露目されたこともあり、このスポーツモデルが市販化される可能性もあるかもしれません。

 まもなく開催される東京モーターショー2019では、どんな夢のあるコンセプトカーが登場するのか、期待が高まります。

いつ出るの? 市販の要望が高いコンセプトカーを画像で見る(34枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント