スズキが新型SUV「エスプレッソ」発売! 超小型SUVで若者需要を狙う

スズキは新型小型SUVの「エスプレッソ」を、インドで発売しました。SUVらしい力強いデザインが特徴で、メインターゲットである若年層の需要を狙うモデルとして投入されました。

全長4m未満のコンパクトSUVが登場!

 スズキのインドにおける子会社であるマルチ・スズキ・インディア社は、新型の小型SUV「エスプレッソ」を2019年9月30日に発売しました。

スズキ新型「エスプレッソ」
スズキ新型「エスプレッソ」

 新型エスプレッソは、「エスクード」などに代表されるスズキのSUVの流れを汲んだデザインを採用したモデルです。

 外観は、存在感のあるフロントバンパーに、台形をモチーフとしたフロントグリルや、ウィンカーを掴むように配置したヘッドランプを組み合わせることで、力強くタフな印象としました。

 フロントからリアにかけてイメージを統一することで、どの角度からでも一目でエスプレッソと認識できるようなデザインになっているといいます。

 内装は、丸型のセンターコンソールを採用し、先進性を印象づけるデジタル表示のセンターメーターを配置。室内空間を最大限に確保しながら、大型スーツケースも収納できる荷室スペースを設けることで、快適性と利便性を両立しています。

 新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」のKプラットフォームに1リッターガソリンエンジンを搭載。軽量・高剛性の車体との組み合わせにより、優れた低燃費と高い走行性能を実現し、インドで2020年4月に導入される新しい排ガス規制(BS6)に対応しました。

 なお、ボディサイズは、全長3565mm×全幅1520mm×全高1549mm/1564mmで、トランスミッションは5速MTとAGSを用意します。

 2018年度のインドにおける乗用車市場は約337万台で、そのうちの約6割を全長4m未満のコンパクトカーが占めているといいます。

 新型エスプレッソのメインターゲットである若年層は、車両購入に際しデザインを重視する傾向があり、デザイン性の高いモデルを投入することで、新規需要の獲得を狙うとしています。

 生産はマルチ・スズキ社のマネサール工場でおこなわれ、インドの同社アリーナ店を通じて販売されます。

スズキ 新型SUV「エスプレッソ」の詳細を画像でチェック(14枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事

コメント