使用率約7割!? チャイルドシート未使用時の事故で子供に起きる悲劇とは

乗車時に子どもを守る必須のアイテムとされるチャイルドシートですが、チャイルドシートを装着せず子供を乗せて事故にあってしまったらどれほど危険なのでしょうか。

年齢によって状況が変わる、チャイルドシート未使用時の危険

 シートベルトを正しく装着できない小さな子どもをクルマに乗せる際、チャイルドシートは安全性を高める装備として役立ちます。チャイルドシートは1963年にドイツで、乗用車や旅客機のシートを製造する業者が、世界で初めて販売したとされています。

 日本では2000年より、6歳未満の子どもを乗せる場合はチャイルドシートの使用が義務となり、違反した場合は運転手に違反点数1点が加算されますが、いまだ使用率100%には至っていません。もし、チャイルドシートを装着せず子供を乗せ、事故にあってしまったらどれほど危険なのでしょうか。

チャイルドシート未使用!? 子どもに襲いかかる危険とは
チャイルドシート未使用!? 子どもに襲いかかる危険とは

 2019年6月にJAFと警察庁が合同でおこなったチャイルドシート使用状況の調査では、6歳未満の使用率は70.5%となっています。2009年は54.8%であり、10年間で約15%増加していますが、いまだ8割さえも超えていない状況です。

 1歳未満の赤ちゃんをクルマに乗せる場合、母親が抱っこしながら後部座席に乗っているのを見かけます。事故が起きない前提であれば手間がかからず簡単な乗車方法ですが、事故が起きた場合、母親の腕だけでは事故の衝撃から赤ちゃんを守ることが難しいとされています。

 警視庁によると、6歳未満の子どもがチャイルドシート未使用で事故にあった場合の致死率は、使用した場合と比べて約11倍も高くなるとのことです。

 生まれて間もない赤ちゃんは首が据わっておらず、チャイルドシートを使用していかに頭と首を固定するかが重要になってきます。その際に呼吸のしやすい正しい体勢を取ることが大切ですが、気を使いすぎてユルユル状態の間違った使用をしているケースもあります。

 このような状態で事故が起きてしまった場合、小さくて軟らかい赤ちゃんはチャイルドシートからするりと抜け、放り出されてしまいます。放り出された赤ちゃんは天井や座席に叩きつけられる可能性が高くなり、大ケガや死亡事故へと繋がってしまいます。

意味がなくなる? チャイルドシートの装着時の注意点とは(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. だいたいが妊婦はベルトを免除とかアホの極意だろ
    こんな穴だらけの交通法にチャイルドシート着用の説得力があるわけねーじゃん
    相変わらず高速バスでもベルトを着用しない人がいるけど長野スキーツアーバスではベルトを着用してなかった人が亡くなってんだけどね、マジに注意1秒怪我一生だな

  2. 秦三子『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』4巻その27参照のコト。