後世に残すべき芸術品!? うっとりするほど美しいクーペ3選

現在、2ドアクーペは数を減らしつつ高級路線が進み、デザインは流麗なものが一般的になりました。一方で、過去には現代のクーペを超えるような美しいデザインのモデルが存在し、いまも語り継がれています。そこで、美しすぎるクーペ3車種をピックアップして紹介します。

クーペの美しさを見事に表現した名車たち

 国産クーペは数を減らしており、いまではレクサス「LC」や「RC」、日産「GT-R」に代表される高級路線か、トヨタ「86」、スバル「BRZ」のようなスポーティ路線に2極化しています。

 一方、海外では日本よりもクーペの需要は高いですが、やはり高級路線にシフトしており、数を減らしているというのが現状です。

 クーペはスタイリッシュなモデルというのが定番で、実用性についてはあまり考慮されていませんが、そこがクーペ最大の魅力でもあります。

 そこで、これまで販売された国内外のクーペから、ひと際美しいモデル3車種をピックアップして紹介します。

●スバル「アルシオーネSVX」

日本を代表する美しいクーペ「アルシオーネSVX」
日本を代表する美しいクーペ「アルシオーネSVX」

 1985年に発売されたスタイリッシュなクーペ、スバル「アルシオーネ」はシャープなクサビ型のフォルムや、未来的な内装のデザインで、それまでの国産クーペとは一線を画したものとなっていました。

 そしてバブル経済終焉直前の1991年に、2代目となる「アルシオーネSVX」が登場。デザインは先代から一転して曲面を多用した美しいフォルムになりました。

 オリジナルのデザインコンセプトは巨匠ジョルジェット・ジウジアーロによるもので、それをもとにスバル社内のデザイナーによって完成されています。

 もっとも特徴的な「ミッドフレームサイドウインドウ」によってアルシオーネSVXの美しさを表現し、国内外から高い評価を受けました。

 発売直後にバブル経済が崩壊するというタイミングの悪さで販売は低迷。それでも6年間販売されて、いまも多くのファンが存在します。

●プジョー「406クーペ」

精悍なフロントフェイスからリアまでのラインが美しい「406クーペ」
精悍なフロントフェイスからリアまでのラインが美しい「406クーペ」

 プジョー「406」というと、リュック・ベッソンが脚本を担当した映画「TAXi」に登場したセダンが有名ですが、クーペモデルも存在し、美しさに定評がありました。

 1997年に発売された「406クーペ」は、セダンをベースとしていますが外観は完全に別モノになっています。

 デザインはフェラーリなど多くのスポーツカーやスーパーカーを手がけていたカロッツェリア・ピニンファリーナが担当し、製造も同社でおこなわれました。

 特徴的なフロントマスクはセダンと共通のイメージを残しつつも、よりシャープでスピード感ある印象となっています。

 また、フロントフェイスからトランクまで続く、流れるようなラインが「406クーペ」の美を醸し出していました。

 日本では1998年から2005年まで正規輸入されていましたので、いまも中古車市場で流通しています。

ほれぼれするほど美しすぎるクーペを画像でチェック(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事