日本発売はいつ? 新型「ディフェンダー」 人気SUVの気になる導入時期とは

世界中にファンが多い、ランドローバーの「ディフェンダー」。フランクフルトモーターショー2019において、ランドローバーの新型「ディフェンダー」が発表されました。新型モデルはどのような進化を遂げたのでしょうか。

新型ディフェンダー登場!!

 2019年9月10日、フランクフルトモーターショー2019において、ランドローバーの新型「ディフェンダー」が発表されました。

 世界中にファンの多いディフェンダーですが、新型モデルではどのような進化を遂げたのでしょうか。

「コンフィギュラブル・テレイン・レスポンス」でオフロードの状況に合わせて細かな車両設定ができる
「コンフィギュラブル・テレイン・レスポンス」でオフロードの状況に合わせて細かな車両設定ができる

 新型ディフェンダーは、ランドローバー「シリーズI」から数えて4代目にあたるモデルですが、脈々と受け継がれた伝統を意匠のなかに残しながらも、新時代のリアルオフローダーにふさわしいメカニズムを採用しています。

 たとえば、多くのランドローバーファンを驚かせたのが、「レンジローバー」などほかのランドローバー車同様に、アルミ製モノコックボディを採用したことです。「ラダーフレームでないようではオフロード性能は…」と落胆したオールドファンもいると思いますが、このアルミボディはラダーフレームの約3倍のねじり剛性を持っているといいます。

 同社が発表したPR動画を観ると、プラットフォームにラダーフレーム形状のメンバーが設けられており、路面からの入力をここで受けて分散しているようです。窓などの開口部も実に小さく造られており、安全性と堅牢性が十二分に考慮されているのが、その形状からうかがい知ることができます。

 導入時に搭載されるエンジンは4タイプ。2リッター4気筒ガソリンエンジン(P300)とマイルドハイブリッドを搭載した3リッター6気筒ガソリンエンジン(P400)を用意し、2リッター4気筒ディーゼルエンジンでは、D200とパワフルなD240を設定。また、2020年にはPHEV(プラグインハイブリッド)を追加予定です。

 ボディバリエーションは、伝統を受け継いだ「90」「110」(数字はそれぞれのホイールベースを表す)。情報によれば、「130」やピックアップモデルなども今後ラインナップに加わるといいます。

 110のシートバリエーションは、5人乗り、6人乗り、そして5人+2人乗り。一方、90は5人乗りがベースですが、ファンにとって嬉しいのは、オプションでフロント3人掛けの「ジャンプシート」が設定されていること。シリーズIやシリーズIIを彷彿とさせるこのシートに、人気が集まることは必至です。

制御面では、フルタイム4WD+サブトランスファーの組み合わせとなります。オプションでリアのデフロックを選ぶことも可能。さらに電子制御式の「コンフィギュアル・テレイン・レスポンス(一部グレードに標準)」により、走行シーンに合わせたトラクションを自動コントロール。特別なクロスカントリードライブのテクニックがなくとも、あらゆる地形、路面でイージードライブが可能です。

 また、グレードによってはエアサスペンションを備えており、レンジローバー同様に、ロードクリアランスの調整が可能です。最大値の場合、291mmもの最低地上高を確保することができ、いかにもディフェンダーらしい3アングル値と相まって、高い悪路走破性を発揮する資質を備えています。

 インテリアは、初代レンジローバーを彷彿させるインパネを中心に構成され、各意匠は現代的ですが、ステアリングホイールやメーターフード、ダッシュボードのスピーカーなどを見て、思わず懐かしくなるオールドファンも多いと思います。

 センター部には10インチの液晶タッチパネルが標準でインストールされており、さまざまな情報やインターフェイスを映し出します。ただ、アップル カープレイやアンドロイドオートなどのアプリケーションは採用されていないようで、スマホなどのガジェットの親和性は若干前時代的のように思えます。

新旧ディフェンダーの違いは? 画像で詳細を比較!(51枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント