新型「ホンダe」はなぜ後輪駆動を採用? ホンダ初の市販EVでこだわった点とは

ホンダは、フランクフルトモーターショー2019で新型EV「ホンダe」の量産モデルを世界初公開しました。どんなクルマを目指して開発がおこなわれたのか、開発責任者に話を聞きました。

ホンダが開発したこれまでにないEVの姿とは

 ホンダは「2025年までに欧州で発売する4輪商品すべてを電動車両に置き換えることを目指す」と発表しています。すでに既存のラインナップからディーゼルモデルは姿を消し、ハイブリッドを中心とするラインナップに変わりつつありますが、その象徴となるのが新型EVの「ホンダe」です。

 2019年3月のジュネーブモーターショーではプロトタイプがお披露目されましたが、今回フランクフルトモーターショー2019で量産モデルが世界初公開されました。いったい、どんなクルマに仕上がっているのでしょうか。

「ホンダe」開発責任者・LPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)の人見康平氏
「ホンダe」開発責任者・LPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)の人見康平氏

 筆者(山本シンヤ)は、ホンダeの開発責任者・LPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)の人見康平氏に話を聞きました。

ーー量産モデルを発表したお気持ちは。

「当初は『無い物を作る』の精神でスタートしたものの、まわりからは『そんな物はできない』といわれてきました。しかし、チームの皆の頑張りで作り上げることができた、という歓びの一方で、ショーを見るとさまざまなライバルもいるので、『まだまだやることがあるな』と思う部分もありますね」
 
ーーまず、開発コンセプトは何でしょうか。

「ホンダeは単なるEVではなく、ネクストジェネレーションのクルマ。CASE(コネクティビティの「C」、オートノマス(自動運転)の「A」、シェアード(共有)の「S」、エレクトリックの「E」の頭文字)の階段を上がったときに『スモールカーってどうなるのだろう』という疑問に対し、『未来はこうだよ』と表現したモデルです」

※ ※ ※

 今回のモーターショーでは、ホンダeの具体的なスペックが発表されました。パワートレインは「クラリティ」と同じモーター出力は100kW/113kWの2タイプ(トルクはともに315Nm)。バッテリーは35.5kWhの容量で、1回の充電で220kmの走行が可能となっています。

ーー現在のトレンドから考えると航続距離は短いように感じますが。

「世にある多くのEVは内燃機関の代替えとして開発されていますが、充電時間/コスト/ウエイトなどさまざまな問題があるのも事実です。そこでホンダeは、EVにあれもこれもと欲張らずに、いい意味で『割り切る』ことも重要だと考えました。

 私はもっとバッテリーを真剣に使うべきだと考えています。こまめに充電すればいいのに、1週間充電しないために大きなバッテリーを搭載するのはナンセンス。EVはそういう物だと啓蒙していくことも必要だと思っています。

 そういう意味もあり、ホンダeはまずは航続距離を220kmと決めて、バッテリー搭載量を決めました。今後はバッテリーの進化で、少ない搭載量でも航続距離は伸びると思いますが」

ーー割り切ったことで実現できたことはなんでしょうか。

「ボクシーなスタイルでタイヤも太いので、空力もそれほど良くないですが、これも航続距離を割り切ったことで実現できたことのひとつです。シンプルなデザインのために、サッシュレスドア、デジタルアウターミラーなど難しい技術を数多く使っています」

ーーモーターはリアに搭載し後輪を駆動する方式を採用しています。

「もし、小さいモーターなら前輪駆動を選びましたが、残念ながらホンダにはクラリティ用の大きなモーターしかありません。『あれしかないなら弾けるしかないよね』、『後輪駆動だよね』でした」

ヒットなるか!? 新型「ホンダe」を写真で見る(30枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事

コメント