なぜトヨタ車ばかり狙われる? プリウス、ランクル、ハイエースなど盗難されやすい車の特徴とは

トヨタ「プリウス」や「ランドクルーザー」、「ハイエース」など、トヨタのクルマは昔から盗まれやすいといわれています。いったいなぜトヨタ車ばかりが狙われるのでしょうか。近年、増加傾向にある電子キーを悪用した新たな盗難手口「リレーアタック」など、車両盗難の対策方法について紹介します。

盗難被害でもトヨタブランドは強かった?

 クルマを購入した後、気になるのが盗難被害。最近では、「リレーアタック」という新しい手口もニュースなどで取り上げられています。

 日本損害保険協会が発表した車名別盗難状況では、レクサスが2018年から2.6倍の66件に増加し、ワースト1位(2018年ワースト4)となりました。盗難されやすいクルマにはどのような特徴があり、盗まれないためにはどのような対策が必要なのでしょうか。

ジャンルが異なっても世界的な人気を誇る「プリウス」(左)と「ランドクルーザー」(右)
ジャンルが異なっても世界的な人気を誇る「プリウス」(左)と「ランドクルーザー」(右)

 車名別盗難における上位車種の特徴として、トヨタブランド(レクサス含む)ということが挙げられます。2018年の車名別盗難状況では、1位「レクサス(トヨタ)」2位「プリウス(トヨタ)」3位「ランドクルーザー(トヨタ)」4位「ハイエース(トヨタ)」となり、9位に登場するホンダ「ヴェゼル」まではトヨタ車が占めています。

 とくに、プリウスは、2016年車名別盗難状況の全体のうち20%、2017年は22.3%となり、盗難の被害が減少した2018年でも全体の15%を占めるなど、窃盗グループに狙われているクルマといっても過言ではありません。

 今回のランキングを発表した日本損害保険協会は、「2017年調査まで4年連続ワースト1だったプリウスは、2018年調査ではワースト2と依然として盗難数が多く、車両本体盗難の被害が特定の車種に集中する傾向が続いています」とコメント。

 また、愛知県では、2018年にレクサスのミドルサイズSUV「RX」の盗難が増加し、転売されるだけでなく走行性能の良さから窃盗グループの移動手段として使われているといいます。

 なぜ、トヨタ車が狙われやすいのでしょうか。国内外で中古車の取引をおこなっている専門業者は、次のように説明しています。

「トヨタ車が狙われやすいのは今に始まったことではありません。元々、トヨタブランドは世界の自動車メーカーのなかでも耐久性や信頼性が高く、新車・中古車にかかわらず人気があります。

 とくに、ランドクルーザーは世界中のあらゆる環境下においても走行可能な高い性能をもっているので、中東や南米などでも人気が高いです。また、プリウスも同様にハイブリッド車のパイオニア的存在ということもあり、中国などのアジア圏で人気です。

 盗難車の多くは、正規ルートではない方法で海外に運ばれます。国内で盗難車を売る場合は、出所が判明される可能性が高いため、部品ごとに解体して輸出先の国で元に戻すなどの作業がおこなわれるといいます。

 一概にはいい切れませんが、『中古車市場で人気のクルマ=狙われやすい』ともいえるかもしれません。また、レクサスが人気となった背景には、信頼性が高いトヨタの高級ブランドということで、世界的に人気が高まっていることが大きいと思います」

※ ※ ※

 2000年前半には、トヨタ「RAV4」も盗難されやすいクルマに挙げられ、ユーザーの要望も多かったこともあり、2006年8月の一部改良では、盗難防止を配慮した機能としてIDコードが登録された鍵(キー)以外では、エンジンが始動しないシステムを標準装備した経緯もあります。

自分の車は盗難されやすい? 盗難被害が多い車を見る(41枚)

【格安航空券】早いほどお得に!秋・冬旅の売り出し開始

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント