マツダ新型「CX-30」発表! 国内4車種目となるSUVは239万円から

マツダの新型クロスオーバーSUV「CX-30」の予約受注が開始されました。人気のSUV市場に投入された新型クロスオーバーSUVで、「アクセラ」の後継車である「マツダ3」をベースにしています。いったいどのような特徴があるのでしょうか。

魂動デザインに書道の筆づかいを取り入れた美しいデザイン

 マツダのSUVラインナップに、「CX-30」が新たに追加され、2019年9月20日より予約受注が開始されました。

 2019年5月にデビューした「マツダ3」に続く新世代商品の第2弾となるCX-30は、世界的に拡大するSUV市場を見据えて新開発されたクロスオーバーSUVです。

マツダ新型「CX-30」
マツダ新型「CX-30」

「人生の幅が広がる・世界が広がる」をコンセプトとし、見る人の感性を刺激するデザインや、どこへでも気軽に出かけられる機動性、大切な人とゆったりと過ごすことができる上質な室内空間など、だれもが安心して運転を楽しめる安全性能を備えています。

 外観のデザインは、マツダのデザイン言語である「魂動デザイン」を用い、書道の筆づかいの動きをモチーフにしました。

 フロントフェンダーからリアタイヤにつながるスピード感のある弧を描いたデザインが、光の動きを表現。滑らかで伸びやかな曲面によるボディの美しさを強調しています。

 また、ホイールアーチ部とボディ下部の幅広ガーニッシュにより、SUVらしさを強調しました。

 ボディカラーは、「ソウルレッドクリスタルメタリック」「マシーングレープレミアムメタリック」に加え、マツダ3で新採用された「ポリメタルグレーメタリック」を含む全8色を用意しています。

 内装は、シックなリッチブラン内装と、モダンなネイビーブルー内装を設定し、落ち着きのある室内空間を実現しています。

 また、コクピットは、ドライバーを中心に表示機器、操作スイッチを左右対称とし、それらをドライバーに向けて正対させるように配置。クルマとの一体感を高めて、包まれ感を表現しました。助手席は、大きく包み込むようなデザインとすることで、安心感のある空間としています。

 後席は、前席との距離を長めに設定し、また着座位置の高さとフロア高を調整することで、大きな体格の人が乗っても余裕がある頭上空間を実現しました。

 ボディサイズは全長4395mm×全幅1795mm×全高1540mmで、市街地や縦列駐車などでも取り回しが良く、立体駐車場も使えるサイズとしています。また、クロスオーバーSUVとして、最低地上高を高めに設定しながら、地面から着座位置までの高さを最適化して乗り降りのしやすさも確保しました。

 ラゲッジスペースは、430リットルの積載容量と、1020mmの開口幅を確保。開口部の下端を地上から731mmと低めに設定することで、大きな荷物も楽に積み下ろしができる仕様としています。

 また、「20S」を除くすべてのグレードに、電動でリアゲートの開閉ができる「パワーリフトゲート」を標準装備。さらにリアゲートを開閉するダンパーの部品の一部を樹脂製にするなど、滑らかな動きと静かな作動音を実現しました。

内外装の質感が高すぎる! マツダ新型「CX-30」を画像でチェック

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事

コメント