ポルシェ新型「タイカン」打倒テスラ間違いナシ? 世界のEV戦略を加速させるポルシェの凄さとは

ポルシェ初の電動スポーツカー「タイカン」が2019年9月4日に世界初公開されました。最上位モデルで最大761馬力を発揮するというプレミアムEVは、市場に受け入れられるのでしょうか。

ポルシェは「カイエン」で掴んだ成功体験を再びつかめるか

 ボルシェが鳴り物入りで発表した「タイカン」。ポルシェとして初めて手掛けたEV(電気自動車)です。正直なところ、古くからのポルシェファンからは「ポルシェでEVといわれても、なんだかとっつきにくい」と、違和感を持たれるかもしれません。

 はたして、タイカンは今後、売れ筋商品になるのでしょうか。

ポルシェ新型「タイカン」
ポルシェ新型「タイカン」

 そもそもポルシェといえば、RR(リアエンジン・リア駆動)の911シリーズにおける水平対向エンジンをイメージする人が多いでしょう。

 それが2000年代以降、北米市場でのプレミアムブランド系SUVブームに連動した「カイエン」を発売しました。カイエンには水平対向エンジンが搭載されておらず、エンジンの搭載位置も一般的なSUVと同じフロントとなっています。

 当時、筆者(桃田健史)はアメリカ各地でカイエンに関する取材をしています。一部には「ポルシェでSUVといわれても、なんだかとっつきにくい」という声があったものの、アメリカでは絶対的なブランド力を誇る「ポルシェ」とSUVブームが見事に相まって、カイエンは大成功を納めました。

 カイエン導入によって、ポルシェの世界全体の売り上げは倍増したのです。その後、SUV路線はよりコンパクトな「マカン」に継承されています。

 こうしたポルシェブランド効果は、SUVのみならずEVでも効力を発揮する可能性があります。

 その場合、やはり最初に火がつくのはカイエンと同じくアメリカ。次いで、国としてEV政策を強く推進している中国になるでしょう。

 それを見越して、タイカンの世界同時発表も、本国ドイツではIT系企業が集積するベルリンを中核として米中を含む3か所体制になったのだと思います。

 ただし、カイエン導入時と今回のタイカンでは、ポルシェの販売戦略に大きな違いがあります。

打倒テスラは確実か!? ポルシェ新型「タイカン」を写真で見る(24枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. モデルSとタイカン、全然価格帯が違いますが筆者は数字も読めないのでしょうか?
    https://blog.evsmart.net/porsche-taycan/porsche-taycan-tesla-model-s-comparison/
    肝心の航続距離も短すぎて話になりませんし、通信系の詳細も謎です。
    おまけに存在しない超高速充電の話を持ち出してモデルSに対するアドバンテージなどと断言していますが呆れてしまいます。

    筆者はポルシェから金もらったり接待でもされてるんでしょうか?