日産がいすゞのトラックを発売!? 小型トラック「アトラス ディーゼル(1.55t)」登場

日産「アトラス ディーゼル(1.55t)」が発売されました。2019年6月にいすゞとの間に締結された協業事業契約に基づき、いすゞ「エルフ」の1.5t積クラスのOEM供給を受けて新たに登場しました。

排出ガス規制に対応するとともに動力性能や燃費性能が向上

 日産は、小型トラックの新型「アトラス ディーゼル(1.55t)」を、2019年8月29日より発売しました。

日産「アトラス ディーゼル(1.55t)」
日産「アトラス ディーゼル(1.55t)」

 2019年6月に、日産といすゞは新たな小型トラックのOEM供給で合意し、協業事業契約を締結。この契約に基づき、いすゞから小型トラック「エルフ」の1.5t積クラスの供給をうけ、日産は「アトラス ディーゼル(1.55t)」として販売します。

 新開発の3リッターディーゼルエンジンを採用し、世界もっとも厳しい排出ガス規制とされる「平成28年排出ガス規制(PPNLT=ポスト・ポスト新長期規制)」への対応として、排出ガス後処理装置はDPF+尿素SCRを採用。

 平成27年燃費基準「+10%」を達成するとともに、九都県市指定低公害車(平成21年基準)「超」低公害車に指定されています。

 また、クラストップレベルの動力性能を実現し、燃費性能と規制対応の両立を図りました。

 さらに、小型トラックの安全運行を高いレベルでサポートする、多彩な先進安全装備をフルスーパーロー全車に標準設定しています。

「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」は、走行中ステレオカメラが、前方の車両や障害物だけでなく、静止した歩行者や自転車も検知し、衝突被害を「軽減」、または追突の「回避支援」をおこないます。

 トランスミッションは、AT限定免許に対応した先進のシーケンシャルマニュアルトランスミッション(2WD:6速AMT、 4WD:5速AMT)を設定。2速発進を採用することにより、発進時の荷崩れを発生しにくくしています。また、高い信頼性・耐久性を持った5速MTも全車に用意しました。

 グレードは、ベーシックな「DX」と、上級仕様の「カスタム」を設置。さらに、2WD/4WD、シングルキャブ/ダブルキャブなどの選択も可能とし、豊富なバリエーションがラインナップされています。

 価格(消費税込)は、358万7760円から487万9440円です。

 なお、アトラスのガソリンエンジン車(1.15tから1.5t)は、現行モデルが継続販売されることになっています。

日産の小型トラック「アトラス ディーゼル(1.55t)」の画像を見る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 以前からいすゞは2t級のエルフNKRをNISSAN向けに型式をAKRとして供給してましたね、またMAZDAにもタイタンとしても供給してました。
    今回の目的はNISSANのYD型ディーゼルが28年規制に非対応であることの継続的な措置だとは思いますが、いすゞの4J系エンジンも決して新しいエンジンとは程遠くUBSビックホーンの時代からあった改良型のエンジンで決してエルフ向けのエンジンとは言えず実用トルクも薄く燃費もよくありません
    コストの問題が無ければ本来いすゞはフォワードのFRR系の4H系エンジンをエルフに採用したかったのが本心ではないでしょうかね
    また、この記事にある2速発進は荷崩れ対策ではなく1速をよりローギヤに設定したがためのポジション的に発進ギヤが単に2速であるだけなのです。
    因みにAMTでもDレンジでの発進は2速で1速は手動でポジションを選択するシステムとなってますね