スーパーセダン「アリスト」登場から28年 レクサス「GS」初代と最新のコンセプトはブレていない!

レクサスのグランドツーリングセダン「GS」の初代は、日本ではトヨタ「アリスト」として販売されました。初代アリストをGSの初代とすれば最新モデルは4代目となりますが、28年の時を経てどんな進化を遂げたのでしょうか。

プレミアムスポーツセダン、レクサス「GS」の初代と最新

 レクサスのラインナップで、グランドツーリングセダンとしてのポジションが与えられた「GS」。

いつの時代も走りの性能を極限まで高めていた「GS」
いつの時代も走りの性能を極限まで高めていた「GS」

 GSという名称は「Grand Touring Sedan」に由来し、フラッグシップサルーンとしての「LS」、スポーツセダンとしての「IS」との“いいとこどり”なクルマといえるのかもしれません。

 そんな、初代GSであるトヨタ「アリスト」、そして最新モデルのGSを紹介します。

●1991年発売の初代アリスト

初代「GS」は日本名「アリスト」(画像は北米仕様のGS)
初代「GS」は日本名「アリスト」(画像は北米仕様のGS)

 GSの日本におけるルーツはアリストです。アリストは1991年に初代が発売され、日本国外では初代からレクサスブランドのGSとして販売されています。

 トヨタによるとアリストの意味は、英語で「最上の」「優秀な」とされています。

 発売当初に搭載されていたエンジンは、230馬力を発生する3リッター直列6気筒自然吸気と、280馬力を誇る3リッター直列6気筒ツインターボの2種類で、トランスミッションはともに4速ATという構成でした。

 この3リッター直列6気筒ツインターボエンジンの型式は「2JZ-GTE型」で、当時のトヨタで最強といわれるエンジンであり、アリスト以外では「A80型スープラ」のみに搭載されています。

 駆動方式は当初FRのみでしたが、後に4WDモデルも追加されました。

 ボディサイズは全長4865mm×全幅1795mm×全高1420mmという堂々たるサイズで、当時としてはかなり大きな部類です。

 外観のデザインは巨匠ジウジアーロ率いるイタルデザインによるもので、かなりロー&ワイドな印象でした。

 3リッター自然吸気エンジンを搭載するエントリーグレード「3.0Q」がようやく400万円を切る価格で、これは、当時の日本車のなかでもトップクラスの高価な価格設定です。

 その後、アリストは日本国内で2代目に移行し、その次の世代からはレクサスブランドのGSとして販売されます。

名車「アリスト」と最新のスーパーセダン「GS F」を画像でチェック(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

Yahoo!ショッピングで自動車パーツを探す!

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 料理も記事も味見をしてから出さないとね
    初代アリストのi-Fourは単なる追加車種ではなく初代マジェスタ同様にエアサスに1UZ-FEを移植した二卵性双生児だろ
    レクサス店専売となったGSもGSF以前にセルシオ用とLS用のV8は搭載されているし何ら特種なセダンでも何でもないだろ
    とにかくセルシオ、アリスト、ソアラ、アルテッツァを実質レクサス専売としたことが大間違いである証に結局はカムリ、プラウス、ハリアー、CH-Rをレクサス割り増しで売らなければならない壁にぶち当たっただろうに
    こんな商売は幕を引くべきだろ