ホンダが新型「フリード」発表 遊び心溢れるSUV風「クロスター」も追加

人気ミニバンのフリードがデザインを刷新! 新たに遊び心と力強さを表現したSUV風モデル「クロスター」も追加されました。今回のマイナーチェンジではどのような部分が変わったのでしょうか。

デザインの刷新&SUV風「クロスター」モデルが新登場!

 ホンダは、2019年10月18日にマイナーチェンジが予定されている小型ミニバン「フリード」と「フリード+」のティザーイメージを公開。さらに、新たなSUV風の新グレード「クロスター」を追加することを発表しました。

 新しいフリードは、どのような改良が施されているのでしょうか。

新グレードのSUV風モデル「クロスター」
新グレードのSUV風モデル「クロスター」

 ミニバンは、国内市場において高い人気を誇るジャンルです。そしてフリードは、2019年上半期(1月から6月)の登録車販売台数ランキングにおいて、8位の4万5548台(前年比103.6%)と軽自動車を除いたホンダ車のなかで一番売れているモデルです。

 フリードは、2008年にコンパクトなボディサイズと広い室内空間を備えたクルマとして誕生。その後、2016年に2代目へとフルモデルチェンジがおこなわれ、さらに広い室内空間と多彩なシートアレンジを実現しました。

 今回のマイナーチェンジでは、標準モデルのフリード、フリード+のフロントグリルおよびバンパーなどの変更や、内装デザインを改良しています。

 また、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING (ホンダ センシング)」 を全モデルに標準装備。さらに、後方誤発進抑制機能を追加することで、安全性を向上させました。

 さらに、クロスオーバースタイルの外観デザインが特長の新グレード「CROSSTAR(クロスター)」を追加。フロントバンパーガードやサイドスカートを装備することで、遊び心と力強さを表現しています。

 人気ミニバンのフリードについてホンダは、次のように説明しています。

「5ナンバー車ながら、居住性の良さや使い勝手を兼ね備えた『ちょうどいい』クルマとして幅広い層のお客様からご好評いただいております。

 今回のマイナーチェンジでは、フリードの特徴である『親しみやすさ』はそのままに、より洗練されたデザインへ進化させました」

どこが変わった? 新旧フリードを画像で比較する!(21枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事

コメント

11件のコメント

  1. マイナーチェンジ前のフリードオーナーです。
    申し訳ないけど、マイチェン前の方がカッコよかったです。
    ということで、全く異存はありません!

    • マイチェン前のスッキリ感が無くなってしまいましたね。
      あの控えめかつ端正なマスクが良かったのに。。。
      フリード+で車中泊するのが夢です。

  2. 私はゴルフバッグがスムーズに4つ入れられるか?と運転席ステップスルーなのか?が問題です‼️

  3. 本当にこのデザインで出るんですかね、カッコ悪くなりました、新しいハイブリッド、リッターターボ、期待してたのに購入意欲無くなりましたね。これ待たずに違うの探します。

  4. 1000CCは、いつ出ますか?

  5. 完成度は高いなあと感じていたので、後は1000ccターボとか、0発進からの追従機能、人物に対する自動ブレーキ、ハイビーム自動切り替えぐらいかな?と想像してました。が、ほんとのマイナーチェンジでホッとしている現行乗りです。

  6. 以前のも大概だけどさらに酷くなってる。
    デザインの不評受けて自信無くして迷走してる感じ
    素性は素晴らしい車だけに残念。

  7. また失敗したね!デザインは旧車が良かった!

  8. 申し訳無いがまた失敗したね!旧車がデザイン的に良かっだと思う!

  9. 肝心の全車速対応ACCがないのは軽自動車にも劣る!!フリードが欲しくて発売を待ってたのにキャンセルです。
    ホンダの安全ポリシーを疑いますね~!

  10. 3列目がしまえず邪魔
    フロントパネルまわり広すぎ
    わたしも○エンタかなー