BMWが「M8」のオープン仕様を発表! 2541万円の高性能バージョンも用意

BMWは「BMW M社」が手がける高性能モデル「M8」のオープン仕様である「M8 カブリオレ」を発表しました。オープンカーでありながら、サーキット走行まで考慮されたという新型M8 カブリオレは、どんなクルマなのでしょうか。

より高い性能を求めるユーザーに向けた特別仕様も用意

 BMWは、高性能モデルの開発をおこなう同社のグループ会社「BMW M社」の旗艦モデルである2ドアクーペ「M8(エム・エイト)」のオープンモデルである「M8 カブリオレ」を2019年7月24日に発表しました。納車の開始は同年12月以降を予定しています。

 オープンボディながら、公道だけでなくサーキット走行も考慮されているという新型M8 カブリオレは、どんな特徴があるのでしょうか。

BMW「M8」のオープンモデル「M8 カブリオレ」
BMW「M8」のオープンモデル「M8 カブリオレ」

 新型M8 カブリオレは、ベースとなったM8と同様に、低重心さを強調したシルエットと、フロントサイドパネルに幅広なデザインを採用することで、高性能モデルらしさとラグジュアリーモデルとしての個性を両立させていることが特徴です。

 ルーフには、高品質なファブリックを用いた多層式ソフトトップが採用されています。ルーフの開閉によりふたつのスタイルを持つ新型M8 カブリオレは、ソフトトップを開けるとオープンカーとなり、ソフトトップを閉めると乗員空間の後ろに独立したトランクを持つノッチドクーペのスタイルとなります。

 搭載されるV型8気筒Mツインパワーターボエンジンは、最高出力600馬力(標準モデル)/最大トルク750Nmを発揮します。

 オイル供給には、高いレベルでのサーキット走行を考慮して、オイルパンのフロント側に小型のオイルチャンバーを搭載。極度の横方向および前後方向の負荷がかかる状況下でも、必要に応じて小型チャンバーから追加でオイル供給を可能にする吸引システムを採用しています。

 過酷なサーキット走行を考慮していることから、ブレーキ性能も強化されました。新型M8で初めて採用された「M専用インテグレーテッドブレーキシステム」は、アクセル全開時の高負荷条件下でも優れた安定性を実現するように開発されています。ブレーキ圧は電動アクチュエーターによって生成されており、素早く正確な制御が可能です。

 駆動方式として採用されている4WDシステム「M xDrive」は、エンジンから発生したトルクをフロントとリアに無段階かつ可変的に振り分け、さらに、アクティブMディファレンシャルの搭載により、2つのリアホイール間のトルクを最適化し振り分けます。

 これにより、安定した路面でのスポーツ走行から、路面状況が変化する環境下での走行まで、必要に応じてトラクションを最適化していることが特徴です。

 とくに新型M8 カブリオレでは、ダイミックスタビリティコントロール(DSC)の介入は極端な状況のみに限定されており、エンジンから発生するエネルギーを、推進力としてほぼ無駄なく利用可能となっています。

 M xDriveは、後輪への駆動を重視しており、リアホイールに優先的に駆動力を振り分け、車両が安定性を保つために必要なタイミングを見極めて、フロントホイールに駆動力を供給します。

 ドライバーは必要に応じて前後間の駆動力配分を設定することも可能で、初期設定の「4WD」モード、ほぼ後輪駆動に近い「4WD SPORT」モード、DSCをオフにし完全な後輪駆動走行となる「2WD」モードが用意されています。

 ペダルモードは、より快適性を重視した「COMFORT」モードと、素早い反応を重視した「SPORT」モードの2種類があり、クルマを減速させるのに必要なブレーキペダルの踏み込み量を変更することが可能となっています。

 また、今回BMW M社が手がける「Mモデル」の特徴でもある、エンジンレスポンス、ステアリング、サスペンション特性をドライバーが任意に設定変更できる機能として、新しくセンターコンソールに「M MODE(Mモード)」ボタンが追加されました。

 これにより、メーターパネル、ヘッドアップディスプレイの表示方法や、運転支援システムの介入レベルを「ROAD(ロード)」「SPORT(スポーツ)」いずれかのモードに変更することができるようになっています。

「ROAD」は基本設定としてすべての運転支援システムが有効になり、「SPORT」はドライバーが任意に設定した情報に基づいて、前車接近警告および衝突回避・被害軽減ブレーキを除くすべてのブレーキやステアリングシステムへの介入を無効にすることが可能です。

 さらに走りを追求した「コンペティション」という仕様も用意されました。新型M8 カブリオレ コンペティションは、よりアグレッシブなスポーツ走行を想定したモデルで、エンジンからデザインまで、特別なセットアップが施されています。

 コンペティションモデル専用に開発されたV型8気筒エンジンは、車両構造部との接続部をより強固にする、極めて硬い専用のエンジンマウントを採用。より直接的な動力伝達が可能となっており、最高出力は625馬力を発生します。

 外観には、ハイグロスブラックの「キドニーグリル」と専用モデルバッチ、ドアミラー、リアスポイラーが装備されました。

 そして、Mモードボタンでは、通常モデルの「ROAD(ロード)」「SPORT(スポーツ)」に加えて、運転支援システムの快適性と安全性に関するすべての機能が無効になる「TRACK(トラック)」モードが装備されています。

 新型M8 カブリオレの価格(2019年12月以降納車のため消費税10%込、以下同様)は、標準仕様が2338万円で、コンペティション仕様が2541万円です。左/右ハンドル仕様となります。

屋根を閉じても美しい! ルーフが閉まる様子を連続写真で見る(28枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント