CX-3のライバル輸入SUV 259万円からのシトロエン「C3 エアクロスSUV」発売

シトロエンのSUV第2弾「C3エアクロスSUV」が登場しました。全長4160mmとコンパクトなボディで日本でも人気になりそうです。

シトロエンらしいポップなデザインのコンパクトSUVが登場

 プジョー・シトロエン・ジャポンは、シトロエンのSUV日本市場投入第2弾「C3 AIRCROSS SUV(C3エアクロスSUV)を2019年7月16日から発売します。

C3エアクロスSUV
C3エアクロスSUV

 C3エアクロスSUVは、「C5エアクロスSUV」に続くシトロエンSUV第2弾です。全長4160mm×全幅1765mm×全高1630mm、ホイールベースは2605mmと、Bセグメント コンパクトSUVというジャンルに属します。

 ライバルとしては全長4275mmのマツダ「CX-3」、全長4135mmの日産「ジューク」、全長4295mmのホンダ「ヴェゼル」、全長4360mmのトヨタ「C-HR」あたりがライバルになりそうです。

 エクステリアでは、シトロエンのマークであるダブルシェブロンをあしらったグリルの両側にデイタイムランニングライトを配し、その下にドライビングライトのようにヘッドライトをあしらった、最新のシトロエンモデルのデザインコードを持っています。

 そのフロントフェイス下にはアルミのアンダーガードを装備、タフなSUVらしいスタイリングとなっています。

 リアシートは6:4の分割可倒式。さらに左右独立して前後スライドが可能となります。通常時の荷室容量は410リッターですが、後席を最大までスライドさせるとクラス最大級の520リッターの荷室が出現、さらに後席をすべてたためば最大1289リッターの荷室容量が生まれます。

 C3エアクロスSUVは前輪駆動(FF)ですが、C5エアクロスSUVにも採用された「グリップコントロール」がオプションの「シャインパッケージ」装着車に用意されます。これはノーマル/スノー/マッド/サンド/オフの5種類のモードを備え、路面の状況に合わせてさまざまなアルゴリズムを組み合わせパワートレインやブレーキを統合制御。トラクションの最適化を行い走破性を高めるものです。

 このモデルにはさらに「ヒルディセントコントロール」機能も装備されます。これは5%以上の急斜面の下り走行の際、30km/hを下回ったとき作動するシステムで、ペダル操作をせずハンドル操作のみで下り走行をアシストする機能です。

 エンジンは110馬力/205Nmを発生する1.2リッター直列3気筒ターボ「ピュアテック」を搭載、これに6速ATが組み合わされます。燃費はWLTCモードで14.7km/Lです。

 グレードは2種類。「フィール」は259万円(消費税込、以下同)、「シャイン」は275万円です。またパノラミックサンルーフや17インチアルミホイール、グリップコントロール、オールシーズンタイヤのパッケージオプション「シャインパッケージ」装着車は297万円と、すべて300万円を切る戦略的な価格設定となっています。

C3エアクロスSUVを画像で見る(11枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー