昭和のタイヤが続々再販! ヨコハマが懐かしのタイヤを復刻する理由

2019年7月12日、横浜ゴム(ヨコハマ)から「G.T.SPECIAL CLASSIC(GTスペシャル クラシック)Y350」が発売されました。ヨコハマは、昭和の時代に流行したタイヤを復刻させていますが、そこにはどのような理由があるのでしょうか?

ヨコハマ初のラジアルタイヤブランドが復刻発売

 2019年7月12日に、ヨコハマからヒストリックカー向けタイヤ「GTスペシャル クラシック Y350」が発売されました。また同日、海外向けヒストリックカー用スポーティタイヤ「A539」も国内でリリースしました。
 
 このところ、ヨコハマから懐かしのタイヤが続々と復刻されています。その理由はいったいなんでしょうか?

GTスペシャル クラシック Y350を装着したダットサンフェアレディ
GTスペシャル クラシック Y350を装着したダットサンフェアレディ

 今回発売された「GTスペシャル クラシックY350」は、165/80R15 87H、165/80R14 85S 、175/80R14 88Sの全3サイズの展開です。SR311型「ダットサンフェアレディ」や「トヨタ2000GT」、ポルシェ「356」、トライアンフ「TR2」などに適合します。

「G.T.SPECIAL(GTスペシャル)」は1967年、ヨコハマ初の乗用車向けラジアルタイヤとして登場、60年代から70年代に人気のあったブランドでした。今回発売されたGTスペシャル クラシックY350は、トレッドパターンやサイドデザインなど、当時のクラシカルな外観を現代の技術で復刻開発されました。

 同じく国内で発売された「A539」は、2000年に海外商品向けに発売されたスポーティタイヤの復刻版になります。サイズは185/50R14 77V、175/60R14 79H 、175/50R13 72V、175/60R13 77H、185/60R13 80H、165/60R12 71Hの全6サイズで、クラシックミニなどに適合します。

 これらに先だってヨコハマは、ヒストリックカー向けタイヤとして、2017年10月より「ADVAN HF Type D(アドバンHFタイプD)」を復刻販売しています。アドバンHFタイプDは、1981年に発売した大ヒット商品で、レーシングスリックタイヤにディンプルを施したような左右非対称の斬新なデザインと優れた走行性能は、当時日本だけでなく海外でも高い評価を得ました。

 今回のGTスペシャル クラシックY350やA539の発売は、ヨコハマのヒストリックカー向けタイヤラインナップがさらに拡充したことを意味します。

懐かしい!昭和に流行った復刻タイヤを画像で見る(11枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント