激化する小型SUV市場にレクサスが殴り込み! 登場から半年後の「UX」の販売状況は?

近年人気のボディタイプのひとつとしてSUVがありますが、そんななかトヨタの高級ブランドであるレクサスが2018年11月に発売したコンパクトSUVが「UX」です。発売から約半年が経過したいま、販売実績はどのようになっているのでしょうか。

激化するSUV市場へ投入されたレクサスUXの販売実績は?

 近年、SUVの人気が高まっていますが、そのなかでもとくに人気のジャンルがコンパクトSUVです。世界中の自動車メーカーがラインナップを強化するなか、レクサスは2018年にこのクラスの新型SUVとして「UX」を発売しました。

 発売から約半年が経過しましたが、その後の販売実績はどのようになっているのでしょうか。

2018年11月に発売されたレクサス「UX」
2018年11月に発売されたレクサス「UX」

 コンパクトSUVは近年多くの自動車メーカーがラインナップしており、国内市場でもトヨタ「C-HR」やホンダ「ヴェゼル」など、さまざまな車種があります。

 一般社団法人「日本自動車販売連合会(以下、自販連)」が発表した2018年度(2018年4月から2019年3月)のランキング(軽自動車および海外ブランドを除く)を見ると、C-HRは13位(7万2009台)、ヴェゼルは15位(5万9974台)にランクインしています。

 これらの2車種をはじめとした、国産コンパクトSUVの価格帯は、200万円弱から300万円前後のクルマが多いです。

 一方、レクサスは2018年11月27日にコンパクトSUV「UX」を発売しました。レクサスはトヨタが国内外で展開する高級ブランドに位置づけられていることもあり、UXのエントリーモデル「UX200」は390万円(消費税込、以下同様)からの価格設定となっています。ハイブリッドモデルの「UX250h」はさらに高額で425万円からです。

 国産コンパクトSUVでありながら、価格帯的には輸入車に近い存在といえるのがUXです。UXの販売実績はどのようになっているのでしょうか。

 レクサスの担当者は次のように説明します。

「UXの2018年11月から2019年5月までの販売実績は、約9000台を記録しています。

 お客様からは、大胆かつ洗練された外観や、日本の美意識を取り入れた内装デザイン、俊敏な走りや取り回しのよさなどの点について、高評価をいただいています。

 ちなみに、ハイブリッド仕様の割合は81%となっています」

 好調なセールス実績からは、UXの持つ特徴がユーザーに支持されていることがうかがえます。

レクサス「UX」国内外のライバル車と写真で比較(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 結局はトヨタ系列の車で商売をせにゃならんレクサスの分かりきった落ち
    これをレクサスの実績に乗せるのは流石にまずいだろ
    セルシオをトヨタ店から分離させてレクサス専売としてLSがセルシオの販売台数から激減したのはドサクサにトヨタの信頼に便乗したトヨタ自身の顧客に対する裏切りの現れだろ
    カムリのホイルベースを僅かに延長しただけのESをレクサス割り増しで売ることがトヨタを信頼する顧客への答えだとしたら先は見えてるだろ