人気SUV何が違う? C-HRやヴェゼル好調でも元祖小型SUVのジュークがパッとしない理由とは

日本の新車市場では、トヨタ「C-HR」とホンダ「ヴェゼル」がSUVジャンルにおいて絶大な人気を誇ります。しかし、その2台に代表されるコンパクトSUVブームのきっかけといえるのが、日産「ジューク」です。なぜ、先駆け的存在として登場したジュークは、いま人気がないのでしょうか。

再び、コンパクトSUVでの人気を奪えるか?

 最近の新車市場では、SUVモデルが定番のジャンル化しています。多様なモデルが各社からラインナップされるなかで、コンパクトSUVのなかで高い人気を誇るのがトヨタ「C-HR」とホンダ「ヴェゼル」です。

 同市場には、ほかに日産「ジューク」やマツダ「CX-3」、レクサス「UX」なども存在しますが、C-HRとヴェゼルに大きな台数差を付けられています。なぜ、同じようなサイズのSUVでも差が生まれるのでしょうか。

コンパクトSUVの火付け役的存在「ジューク」
コンパクトSUVの火付け役的存在「ジューク」

 最近のSUVブームは、2010年頃からといわれ、その先駆け的存在として日産「2代目エクストレイル(2007年)」やマツダ「初代CX-5(2012年)」があげられます。

 その後、大きなボディサイズ(広い室内空間)が特徴だったSUVジャンルにおいて、コンパクトサイズのモデルが続々と登場。とくに、コンパクトSUVというジャンルを確立させたといっても過言ではないのが、2010年6月に登場したジュークです。

 発売の翌年には、販売台数ランキング(登録車)において3万4224台を記録し18位にランクインするなど、従来のSUVの概念(大きなサイズ・室内空間)を破ったデザイン性が大きな話題となりました。

 この人気にあやかるべく各社は、ヴェゼル(2013年)、CX-3(2015年)、C-HR(2016年)UX(2017年)といったコンパクトSUVモデルを次々と新車市場へ投入。輸入車でもBMW「X2(2018年)」やボルボ「XC40(2018年)」などがあります。

 そして、2018年の販売台数ランキング(登録車)では、C-HRが7万6756台(全体12位)で登録車のなかにおけるSUVジャンルで首位に立ち、それを追う形でヴェゼルは5万9629台(全体14位)という結果です。

 一方で、CX-3は1万7036台(全体39位)。そして、コンパクトSUVの火付け役といえるジュークは、ランキングとして発表される50位には入らず圏外となり、最後の50位はレクサス・NX300hの8712台でした。

 同じようなサイズ感のコンパクトSUVにおいて、大きな違いといえるのがパワートレインです。

 C-HRは、1.2リッターガソリン車(ターボ仕様)と1.8リッターハイブリッド車の2種類を展開。対する、ヴェゼルは、当初1.5リッターガソリン車(ターボ無し)と1.5リッターハイブリッド車でしたが、2019年1月に1.5リッターガソリンターボ仕様を追加するなど、ラインナップの拡充をしています。

 CX-3は2リッターガソリン車と1.8リッターディーゼル車の2種類と、競合車にはないディーゼル仕様をラインナップすることで、差別化を図るとともに個性を出しています。

 一方、ジュークは1.5リッターと1.6リッターターボの2種類のガソリン車という他車と比べると、選択肢が限られるラインナップです。
 
 しかし、パワートレインの選択肢だけで、販売台数に大きな差が生まれるものでしょうか。日産の販売店スタッフは次のように話します。

「ジュークは、発売当初は個性的な外装・内装のデザイン性が話題を呼び、それまでなかったスポーティなスタイルが人気を博しました。また、当時の主なメインユーザーは30代の独身男性で、パーソナルユースにマッチしていたといえます。

 しかし、普段使いするうえで、個性が強すぎるデザインは飽きられます。C-HRは外装のデザインは個性が際立ってはいますが、内装はそこまでクセが強くないほか、先進安全機能や運転支援など都度改良しているうえ、ハイブリッド車に対するニーズも増加していることから、人気が続いているのだと思います。

 一方で、ジュークはほかの日産車にもいえますが、基本的に大きな手を加えることなく9年目を迎えていることから、現在では月販で約250台から300台ほどの販売台数です。

 また、次期型ジュークの話題が出ているようですが、今のところ具体的な話は販売店にはきていません」

激化するコンパクトSUVジャンルで話題のモデルを画像で見る(39枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ホンダヴェゼル登場で再びトップ間違いなし。ぶっちぎりの可能性あり。
     ヴェゼルの斬新なスタイルが今後の日本車のスタイルとなるほど画期的で有る。
     各社も参考になることでしょう、なんと短期間で全世界に384万台販売した実績