いまや希少なハイパワーセダンが勢揃い! 国産セダン・パワーウェイトレシオランキングTOP5

やはりハイパワーなエンジンを持っているレクサス強し

●4位 レクサス「LS500」パワーウェイトレシオ5.09kg/ps

レクサスのフラッグシップとして君臨する「LS500」

 4位は3.5リッターV型6気筒ツインターボエンジンで422馬力の最高出力を絞り出すレクサス「LS500」です。

 車両重量2150kgの重量級ボディでありながら、61.2kgmの最大トルクと「Direct Shift-10AT (電子制御10速AT)」で、豪快な加速をみせます。

 アグレッシブでありながら繊細な品格を兼ね備え、レクサスのフラッグシップとしてのオーラを放つ外観のデザインや、モダンな感性と「TAKUMI」の技で構築した内装は「見る人をひと目で虜にするエモーショナルな魅力を持つ、フラッグシップセダン」と表現されています。

 LS500の車両本体価格は981万4000円です。ねじり剛性をできるだけ高めた上で、数値では表せないクルマの挙動をひとつひとつ洗練させたといわれるプラットフォームによって「走る・曲がる・止まる」性能は大型セダンの水準を大きく超えています。

●5位 レクサス「IS350」パワーウェイトレシオ5.16kg/ps

日本でちょうどよいサイズのスポーツセダン「IS350」

 国産セダンで5位のパワーウェイトレシオを持っているのはレクサス「IS350」です。

 エンジンは「マークX 350RDS GR-Sport」と同じ最高出力318馬力、最大トルク38.7kgmを発揮する「2GR-FKS型」3.5リッターV型6気筒DOHCエンジンを搭載。

 トランスミッションはダイレクトなフィーリングの「8-Speed SPDS (電子制御8速AT)」で、1640kgの車両重量を感じさせない加速力を実現。

 スポーツセダンとして走る楽しさを追求したIS350は、従来のスポット溶接より細かいピッチで溶接することで、断面変形を抑制する溶接方法「レーザースクリューウェルディング」や、パネルを面で結合して剛性の向上と振動の減衰特性を高める「構造用接着剤」などを採用し、卓越した走行性能を生み出しています。

 IS350の車両本体価格は563万4000円です。快適装備も充実している「IS350 “version L”」は624万2000円となっています。

※ ※ ※

 いま、国産セダンは少数派です。さらに、前述のとおりマークXはもうすぐ生産を終了すると発表されています。

 使い勝手の優れたミニバンやSUVが売れているのは理解できますが、やはりドライビングプレジャーについてはセダンが一枚上手です。

 もはやセダンが増えることは厳しい状況ですが、高性能セダンの火は消さないでほしいところです。

【了】

ハイパフォーマンスな国産セダンを画像でチェック(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント