待望のディーゼル車登場! 三菱「エクリプス クロス」のダイナミックさが加速

2018年3月に三菱4年ぶりの新型車として登場した、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」。今回、新たにクリーンディーゼル仕様が登場し、2019年6月13日より発売します。

エクリプス クロスにディーゼル仕様が登場

 三菱は、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」に力強いトルクが特徴のクリーンディーゼルエンジンを搭載したモデルを2019年6月13日から発売すると発表しました。

三菱のクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」

 三菱「エクリプス クロス」は、2018年3月に三菱として約4年ぶりに登場したSUVモデル。外観のスタイリッシュなクーペフォルムとダイナミックな走りを融合した三菱らしいクルマです。

 2019年6月時点では、欧州、オセアニア、アセアン、北米、そして日本などの約100ヶ国以上で販売されています。

 今回のクリーンディーゼル車では、環境性能と動力性能を両立した2.2リッターのディーゼルターボ仕様を搭載。2000rpmという低回転から最大トルク380N・mを発生させるエンジンに、8速スポーツモードATとの組み合わせにより、低速から力強く滑らかな加速を実現。

 これにより、特徴のひとつでもある「四輪制御技術による安心して楽しめるドライブフィール」をより一層強化しています。

 また、ディーゼルエンジンの排出ガスをクリーンに浄化する尿素SCRシステムを採用し、尿素水溶液(AdBlue)によって、大気汚染や光化学スモッグなどの原因となる窒素酸化物(Nox)を安定して浄化しています。

 ディーゼル車のグレード展開・価格(消費税込み)は、「M(306万1800円)」、「G(323万280円)」「G Plus Package(340万3080円)」に加え、特別仕様車の「BLACK Edition(342万4680円)」です。

【了】

三菱らしいSUVモデル「エクリプス クロス」を見る(10枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

最新記事

コメント