ボルボ「V60」に最も求めやすいPHEVモデル ベースグレード「Momentum」が追加

ボルボのミッドサイズステーションワゴン「V60」のプラグインハイブリッドモデル「T6 Twin Engine AWD」に、ベースグレード「Momentum」が追加されました。また、V60も安全装備が強化されて再登場です。

V60のPHEVモデルに求めやすい価格のベースグレードが登場

 ボルボは、プレミアム・ミッドサイズステーションワゴン「V60」のプラグインハイブリッドモデル「T6 Twin Engine AWD」にベースグレード「Momentum」を追加し、一部仕様と価格を変更して2019年6月11日より発売しました。

ボルボ V60 T6 Twin Engine AWD

 これまで上級グレードの「Inscription」のみの展開だった「V60 T6 Twin Engine AWD」に、ベースグレードのMomentumを追加しました。価格(消費税込み)は659万円です。ボルボすべてのプラグインハイブリッドラインナップのなかで、最もお求めやすいモデルとなります。

 さらに今回、T6/T8 Twin Engineの駆動用リチウムイオンバッテリーの容量が30Ahから34Ahに拡大され、EV走行距離が向上しました。WLTCモードによる燃料消費率は、T6/T8共に13.7km/Lで、EV走行可能距離(プラグインレンジ)は48.2kmです。

 プラグインハイブリッドモデル「T6/T8 Twin Engine AWD」は、ガソリンエンジンで前輪、電気モーターで後輪を駆動するAWD車で、エンジンと電気モーターの連携により燃料消費量およびCO2排出量を大幅に低減しました。

 2種類の動力源によるコンビネーションで静粛性を保ちながら、電気モーターのアシストによる俊敏な加速やスムースな発進加速を実現します。

 T6とT8に搭載される電気モーターは同一ですが、エンジン出力がそれぞれ異なります。また、搭載されるリチウムイオンバッテリーは事故の衝撃に耐えるための強固なケースに収容されており、フロアトンネル内に搭載されていることで前後重量バランスの適正化と低重心化をもたらし、バランスのよいハンドリングと優れた快適性を実現しています。

 また、同時におこなわれたV60シリーズの仕様変更では、後方の死角から近づく車両を知らせる運転支援機能 「BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」にステアリング・アシスト機能が追加されました。

 車線変更や自車線からの逸脱により、隣接車線の後方を走行する車両と衝突する危険が生じた場合、ステアリングを修正し、衝突回避をアシストします。

 さらに、車線を維持するためにステアリングを穏やかに自動修正し、車線の中央を保持できるよう支援する「パイロット・アシスト(車線維持支援機能)」にステアリングホイールの微振動により運転者に一時解除を知らせる新機能が追加されました。
 
 仕様変更がおこなわれた「V60 T5 Momentum」は499万円、「V60 T5 Inscription」は599万円、「V60 T6 Twin Engine AWD」は659万円、「V60 T6 Twin Engine AWD Inscription」は759万円、「V60 T8 Twin Engine AWD Inscription」は829万円、すべて消費税込み価格となっています。

【了】

これがボルボの理想を具現化したステーションワゴン! V60を詳しく見る(11枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事

コメント