日産「リーフ」はレースでも凄い! パワーアップした「e+」で最強EVに勝負を挑んでみた

日産「リーフ」のパワーアップ版となる「リーフe+」は、これまで公道での試乗は様々な媒体でおこなわれているものの、モータースポーツでの性能は未知数です。電気自動車のレースで、ライバルのテスラ車を相手にどのような性能を発揮するのでしょうか。

ほぼノーマル仕様で電気自動車レースへ参戦! それでも「問題なし」

 2019年6月9日に「全日本EVレース選手権」の第2戦「筑波50kmレース」が行われました。

 電気自動車のレースとなれば、強いのは高出力モーターに大容量電池を組み合わせたテスラ「モデルS」でしょう。実際、筆者である私(国沢光宏)も2017年は772馬力というパワフルなモーターを搭載するモデルSに乗り、参戦したレース全てで優勝。シリーズチャンピオンになっています。

電気自動車レースに参戦した日産「リーフe+」

 今回の筑波50kmレースで私が乗る日産から借りた「リーフe+」は、電池搭載量を増やし、モーター出力を218馬力に上げたタイプ。スペックで比べればテスラに届かないものの、袖ケ浦サーキットで試乗したらけっこう速かったのが印象的でした。

 しかも、バッテリーの温度だって上がりにくい。これならテスラに迫れるんじゃないか、と考えた次第です。勝負はやってみないとわかりません。

 レース出場にあたって変更したのは、サスペンションとブレーキパッド、タイヤのみです。標準装着されている乗り心地重視のサスペンションと転がり抵抗優先のタイヤ、耐久性をメインに考えたブレーキパッドはサーキット向きではありません。

 予算不足ということで、事前のテストなども出来ず。もっといえば、サスペンションもブレーキも前日に完成しました。

 ということでレースは文字通りぶっつけ本番で、いきなり予選です。走り出すと「ありゃま」というくらい全く問題無し。サスペンションは市販品が無いため「サンコーワークス」で作った一品モノです。

 ブレーキパッドも市販品なく「BRIG」が経験だけで作った一品モノ。タイヤのみ、定評あるヨコハマの「アドバン A052」というスペックです。

 けっこうな手応えを感じたのだけれど、タイムを見てビックリ。1分11秒186を記録しました。テスラ勢にこそ届かなかったものの、クルマ好きなら驚いて頂けるタイムだと思う。

 今回は間に合わなかったバケットシートで身体を安定させ、もう少しセットアップしていけば10秒台前半だって可能か、ということで予選は3番手。上々です。

ライバルのテスラ車を追い回した「リーフe+」を写真で見る(11枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント