トヨタ「マークX」終了に続きレクサス「GS」も廃止!? FRセダン消滅の真相に迫る

レクサスのFRセダン「GS」が廃止されるのでは、という噂がインターネット上で流れています。ボディサイズが近いFFセダンの「ES」が新たに日本でも発売されたなか、今後GSはどうなってしまうのでしょうか。

レクサスがラインナップ再編? GSは販売継続なるか

 スクープなど車種に関する将来的な情報は、公式情報を除くと大半が憶測を伴うという点は皆さんもご存知だと思いますが、車種の「廃止」になるとニュアンスが変わるでしょう。

 当然ながらマイナスの印象が強く、特にそのクルマのユーザーは、愛車がメーカーから見放されたような気分になることもあります。

レクサス「GS」をベースとしたスポーツモデルの「GS F」

 GSの動向について、まずは複数のレクサス販売店に話を聞きました。

「今のところGSが廃止されたり、FFの大型セダンである『ES』に統合されるという話は、メーカーから聞いておりません。またマイナーチェンジを行う予定も聞いていません。

 納期は2リッターターボと3.5リッターが約2か月で、ハイブリッドは2.5リッター、3.5リッターがともに約3か月です」

 レクサス車は納期が全般的に長く、通常の車種でも2か月から3か月を要します。そのために1か月から1.5か月で納車できるトヨタブランド車に比べると、マイナーチェンジなどの情報も早めに伝わる傾向があります。

 販売店のスタッフがGS廃止の話を聞いていないということは、少なくとも直近の国内販売については変更がないと見てよいでしょう。海外での販売はどうでしょうか。

 北米市場のホームページには、今でもGSが掲載されていますが、欧州市場のイギリスでは、以前は掲載されていたのに今は削除されています。GSに関して閲覧できるのは、中古車情報のみです。

 この点をトヨタに尋ねると「ユーロ6の排出ガス規制に対応できないため、欧州市場では販売を終えました」とのことです。

 GSの場合、ハイブリッドを含めて排ガス規制への対応はユーロ5です。そしてユーロ6に対応して現在でも欧州で販売されるレクサス車は、大半がハイブリッドのみとなっています。

 日本におけるレクサスのセダンラインナップは、FRの『IS』、『GS』、『LS』とFFの『ES』で、いずれもハイブリッドとノーマルエンジンを選べます。しかし、欧州にはノーマルエンジンが用意されずGS自体がカットされました。

 将来的には、日本も欧州と同様のラインナップになる可能性があるでしょう。

 2019年6月3日に、経済産業省が新しい燃費規制の基準案をまとめました。これによると、2016年度実績に比べて燃費を32.4%向上させなければならないということになります。そこまで考えると、車種やエンジンの統合が行われる可能性が高いです。

 また日本におけるトヨタブランド車は、2025年をメドに全店が全車種を扱う方針を打ち出しております。これに伴って、姉妹車を中心に車種の削減もおこなう見通しです。

 車種数は30車種程度に減らされ、「マークX」は2019年12月に生産を終えることが発表されました。

 あくまでも可能性ですが、GSはESとボディの大きさが近いため、仮にレクサスが車種の削減に踏み出すとすれば、GSが統合の対象になる可能性があります。

 つまり最上級セダンを担うのはボディが大柄なFRのLS、上級のLサイズセダンは車内の広いFFのES、ミドルサイズはスポーティなFRのISという、欧州と同様の車種構成です。

FRとFFの違いは!? 「GS」と「ES」を写真で比較(22枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント