割高なのか? かつては「高級なトヨタ車」といわれたレクサスを選ぶ価値とは

トヨタの持つ高級車ブランドが「レクサス」です。基本構造がトヨタ車と同じものが多く、一部のユーザーからは「トヨタ車がベースなのに高い」という声も。しかし、レクサス車は本当に割高なのでしょうか。

レクサス車はトヨタ車より割高なのか?

 レクサスの話をすると必ず出てくるのが、「トヨタ車がベースなのに価格が高い」という声です。確かに黎明期はLS(日本名:セルシオ)以外のモデルはトヨタ車のメカニズムをそのまま水平展開していて、それが「高級なトヨタ車」といわれていました。

 しかし2012年6月に社内カンパニー「レクサスインターナショナル」となって以降は、同じ素材を使いながらもレクサス独自の最適化がおこないやすくなりました。その流れはトヨタのクルマ造りの構造改革と呼ばれる「TNGA」により、さらに色濃くなっています。

 トヨタ自動車という母体は同じですが、レクサスブランドとトヨタブランドは何が違うのでしょうか。

レクサス UX

 前述したTNGAは、単にプラットフォームやパワートレインの刷新を意味するのではなく、「クルマ作り」や「仕事の進め方」を大きく改革させるためのキーワードになります。部品の共用は開発効率の向上ではなく、“いい物”を安く効率的に作るための手段と考えたほうがいいでしょう。

 中長期的に使えるように、基本性能にこだわった高いレベルのモジュールを開発したことで、逆に各モデルを作り分ける際に“個性”が出しやすくなったといいます。

 レクサスの末っ子クロスオーバーとして登場した「UX」は、クロスオーバーでありながらもオンロード寄りの性格であることと、前席優先のパッケージングという意味ではトヨタ「C-HR」と近似性がありますが、内外装のデザインはまったく異なります。

 外観では、UXは兄貴分の「RX」「NX」との共通性を持ちながらも、どちらかというとSUVというよりもスポーティハッチに近いプロポーションです。それ対し、C-HRは個性的かつクーペのようなプロポーションを採用しています。
 
 質感の高い内装に関しても、UXは兄貴分と同じ水平基調のインパネを採用する一方、C-HRは個性的な外装とは異なり奇を狙わずシンプルなデザインを採用。しかし、シートやドアトリム、天井などにダイヤモンドの形状を用いるなど遊び心も忘れていません。

 この2台が決定的に違うのはパワートレインです。UXはガソリン車が「ダイナミックフォースエンジン」と呼ばれる次世代ユニットの2リッター直噴(174馬力/209Nm)と、発進ギアが追加された「ダイレクトシフトCVT」の組み合わせ。

 ハイブリッドはこの2リッターエンジン(145馬力/188Nm)とモーター(108.8馬力/202Nm)の組み合わせで、システム出力は178.1馬力となっています。

 対するC-HRは、ガソリンが1.2リッター直噴ターボ(116馬力/185Nm)とCVTの組み合わせ。ハイブリッドはプリウスと同じ1.8リッター(98馬力/142Nm)+モーター(72馬力/163Nm)でシステム出力は122馬力となっています。

 UXは次世代ユニットということで、ガソリン/ハイブリッド共に絶対性能だけでなく官能性能にもこだわった仕上がりなのに対して、C-HRは旧世代のユニットを用いるため、絶対的なパフォーマンスが車格に対して力不足に感じてしまうこととフィーリング面もイマイチなのが残念な部分です。

 駆動方式はどちらもFF/AWDが用意されますが、パワートレインとの組み合わせが異なります。UXはFFがガソリン/ハイブリッド、AWDはハイブリッドの設定なのに対して、C-HRはFFがハイブリッドのみ、AWDがガソリンのみという設定となっています。この辺りはキャラクターや戦略の違いなのかもしれません。

レクサスとトヨタの差は? 写真で内外装をチェック(29枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2 3 4

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 割高どころの話じゃないだろ、こーいう周回遅れな記事が高価な買い物への障害になるのだ
    ESは単なるカムリであるし海外にはあるV6エンジを日本に出さなことからして尚更だろ
    ダイレクトCVTはレクサス向けではなく開発の手順でトヨタ車への搭載も増えていくだろ
    LS600hより回転半径の大きなESなどカムリに対して割高を越した単なるボッタクリなだけなのである