美しい「ミウラ」がコンテストに出展 1人目のオーナーはイタリアのロックスター

2019年5月24日~26日、イタリア、ロンバルディア州コモ湖で開催されたコンコルソデレガンツァ・ヴィラデステ2019に、60年代に一世を風靡したイタリアの歌手、リトル・トニーがかつて所有していた「ミウラ P400S(1971)」が出展されました。

ランボルギーニ・ポロストリコの認定を受けた「ミウラ P400S(1971)」

 2019年5月24日~26日、ヨーロッパで一番格式高いクルマのエレガンスさを競うコンクール、「コンコルソデレガンツァ・ヴィラデステ2019」が開催されました。

 この格式高いコンクールの「Baby You Can Drive My Car: Cars of the Music Star(ドライヴ・マイ・カー:音楽スターたちのクルマ)」クラスに、60年代に一世を風靡したイタリアの歌手、リトル・トニーがかつて所有していたランボルギーニ「ミウラ P400S(1971)」が出展されました。

コンコルソデレガンツァ・ヴィラデステ2019に出展されたランボルギーニ「ミウラ P400S(1971)」

 リトル・トニーは歌手として成功を収める傍ら、クルマ好きとしても知られており、ミウラを3台購入。今回出展されたミウラ(ボディは Azzurro Mexicoというブルー、インテリアはブラック)はその内の1台で、現在はイタリア人コレクターが所有しています。

 シャシナンバー「4797」の ミウラP400Sは1971年3月2日、サンマリノ共和国に届けられ、このときの オーナーが、リトル・トニー(本名:アントニオ・チアッチ氏)で、1973年5月にイタリアで登録されてローマナンバーを取得しています。

 このミウラは、2015年に発足されたサンタアガタ・ボロネーゼの所蔵する伝統を守るアウトモビリ・ランボルギーニの専門部門であるランボルギーニ・ポロストリコのサポートの下で完全レストアされて、可能な限りオリジナルに近い状態で復元されました。

 そして同車は、ポロストリコからランボルギーニのヒストリックモデルという公式認定を受けます。これは、最初のオーナーが有名人であったことと、6台しかない Azzurro Mexico 色のミウラの 1 台であるという意味で、歴史的に重要な認定となります。

【了】

コンコルソデレガンツァ・ヴィラデステ2019に出展された「ミウラ P400S(1971)」を写真で見る(13枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー