日本ブランドSUVが北米でも人気沸騰! 世界が注目する日本車SUV5選

北米で人気の日本車はどんなものがあるのでしょうか。じつは、近年のSUV人気に合わせたようにSUVばかりという結果になっています。そこで、北米で人気のSUVを直近の販売台数ランキングから5車種紹介します。

北米で根強い人気があるSUVとトラック

 いま北米で人気の車種といえばSUVとトラックです。どのくらいの人気かというと、ビッグスリーのひとつ、フォードですら北米市場では「マスタング」以外のセダンやハッチバックから撤退を予定し、SUVとトラックに集中すると発表したほどです。

アメリカで販売されている日本車のなかで、もっとも売れているのが「RAV4」

 北米市場では、フォードやGMの作る大きなSUVやトラック、ジープばかりが売れるという印象もありますが、販売台数ランキングを見てみると、意外や日本の自動車メーカーのSUV、そしてクロスオーバーも高い位置につけています。

 そこで、北米で人気の日本ブランドのクルマにどんなクルマがあるのか、直近の販売台数ランキングから5車種をピックアップして紹介します。

●トヨタ「RAV4」

日本でも復活して好調なセールスを記録している「RAV4」

 日本市場で復活を果たしたトヨタ「RAV4」ですが、北米市場では途切れることなく販売が行われており、定番ともいえる人気を誇ります。

 トヨタによると、車名のRAV4は「Robust Accurate Vehicle with 4 Wheel Drive」からで「SUVらしい力強さと、使用性へのきめ細かな配慮を兼ね備えた4WD」だと紹介されていますが、実際にゴツゴツしたルックスは力強さをイメージさせます。

 現行RAV4は5代目に相当し、北米だと2018年11月から販売開始。RAV4は4代目においても非常に人気が高く、その人気を引き継ぐ形で現行モデルの販売も好調に推移しています。

 2019年の北米市場を見てみると、RAV4はホンダ「CR-V」と抜きつ抜かれつの戦いを繰り広げており、2019年第1四半期では、SUV販売ランキング「2位」という好ポジションです。

 また、RAV4はトヨタが推し進める商品開発への取り組み方「TNGA」に基づき、新しく開発された「ダイナミックフォースエンジン」「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を採用しています。

 これらによってもたらされた、環境や条件を選ばない走破性、そしてもともとトヨタが持っている高い信頼性が評価され販売を伸ばしているようで、間もなくCR-Vを逆転することになるかもしれません。

 北米市場においては、「RAV4」が2万5500ドル(約280万円)から、「RAV4ハイブリッド」が2万7700ドル(約304万円)から販売されています。

●ホンダ「CR-V」

昨年、アメリカで販売されたホンダ車でトップセラーだった「CR-V」

 ホンダ「CR-V」もトヨタ「RAV4」と同じく、一時期日本での販売が途絶えていたものの、北米ではずっと販売が継続されていたクルマです。

 奇しくもCR-Vの現行モデルはRAV4と同じく5代目にあたり、発売時期もRAV4が1994年から、CR-Vは1995年からとなっています。

 なお、現行モデル登場のタイミングもRAV4が2018年、CR-Vが2016年と、近いタイミングで登場したことから、似たようなモデルチェンジサイクルを重ねてきたということもわかります。

 一方、RAV4が5人乗りであるのに対し、CR-Vは7人乗りもラインナップしていることが現行モデルにおける大きな相違です。加えて、CR-VはRAV4にはないダウンサイジングエンジンの1.5リッターエンジンを用意していることも特徴です。

 車名のCR-Vは「Comfortable Runabout Vehicle」の頭文字から取られており、RAV4の力強さに対し、CR-Vでは快適性を重視しているようです。

 もともとCR-Vは都市を走ることをメインとしたライトクロスカントリーとしてデビューしたので、そのコンセプトからぶれていないとも受け取れます。

 そうした性格を持つためか、北米市場における2019年第1四半期の販売だと、CR-VはSUV販売ランキングでトップです。

 CR-Vの北米における価格は2万4350ドル(約267万円)からと、RAV4と比較して少し安価に設定されています。

●マツダ「CX-5」

ちょうどよいサイズで使い勝手もよい「CX-5」

 初代マツダ「CX-5」は2012年に発売され、現行CX-5は2017年に登場した2代目となります。2019年第1四半期のSUV総合販売ランキングで、マツダCX-5は7位にランクインしています。

 日米のマツダ公式サイトにおいて、CX-5にはオフロードを感じさせる画像がまったく使用されておらず、SUVに対してマツダは他メーカーとは異なるアプローチを行なっていることがわかります。

 CX-5についての特筆すべき点は、「アテンザ」や「マツダ3」など、ほかのマツダ車とデザイン的な関連性が高いことです。

 ほかのメーカーのSUVのように、SUVだからといって「ワイルド」「オフロード」を感じさせる演出が特段なされておらず、CX-5を「アクティブなオフローダー」としてではなく、背が高く積載性に優れるマツダファミリーのラインナップの1台と位置付けているようです。

 なお、北米仕様のCX-5に搭載されるエンジンは、ガソリン車だと2.5リッターエンジンのみで、日本市場にて販売される2リッターの用意はありません。日本仕様は1.5リッター、北米仕様は2リッターとなる「ロードスター」と同様に、大きなトルクを好む北米市場に合わせた結果でしょう。

 グレード構成は日本と大きく異なり、「SPORT」「TOURING」「GRAND TOURING」「GRAND TOURING RESERVE」「SINGATURE」という構成で、もっともベーシックな「SPORT」の価格は2万4350ドル(約267万円)に設定されています。

北米で大人気の日本のSUVを画像でチェック(16枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント