トヨタの後付けの踏み間違い加速抑制システムの対応車種拡大で約458万台が対象に

アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故が増えていますが、トヨタが2018年12月より販売している後付けの踏み間違い加速抑制システムの対応車種が拡大されることになりました。

保有台数の多い車種から順次搭載

 アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故が問題になっていますが、トヨタが2018年12月より販売している後付けの踏み間違い加速抑制システムの対応車種が拡大することになりました。

超音波センサーで障害物を検知

 トヨタは、「交通事故死傷者ゼロ」に向けて、新型車には歩行者事故や追突事故などの被害軽減に効果が見込める「Toyota Safety Sense(TSS)」と、駐車場などの低速時での衝突被害軽減に効果が見込める、「インテリジェントクリアランスソナー(ICS:パーキングサポートブレーキ<静止物>)」などを設定展開しています。

 駐車場などでのブレーキとアクセルのペダル踏み間違い事故は、75歳以上の高齢ドライバーが高い傾向にあり、その対策として、ICSの展開に加えて、後付けの踏み間違い加速抑制システムの対象車種の拡大を進めてきました。

 後付けの踏み間違い加速抑制システムは、2018年12月から「プリウス」「アクア」などを対象に販売されていましたが、2019年6月3日より「ポルテ」「スペイド」「ウィッシュ」、10月より「カローラアクシオ」「カローラフィールダー」「パッソ」、12月より「ヴィッツ」に装着することができるようになり、全12車種、約458万台が対象となります。

 後付けの踏み間違い加速抑制システムは、車両前後に取り付けた超音波センサーにより、前方または後方約3m以内にある壁などの障害物を検知してブザー音で注意喚起をします。それでもブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んでしまった際には加速を抑制し、衝突被害の軽減に貢献します。

 また、後退時は、障害物を検知していない状態でも、時速約5キロ以上でアクセルを踏んだ場合、速度が出過ぎないよう加速を抑制します。

 踏み間違い加速抑制システムについて、トヨタは次のように説明します。

「ブレーキ制御を行わないなどICSの機能とは同等ではありませんが、ブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んでしまった際に、加速を抑えるなど、衝突被害軽減に貢献すると考えています。

 今後も、皆様に長く、安心してお乗りいただくため、安全なクルマの開発、装備展開を進めていきます」

 ポルテ、スペイド、ウィッシュの踏み間違い加速抑制システムの価格(消費税込)は5万5080円で、販売店装着の純正用品として購入することができます。

【了】

トヨタの後付け踏み間違い加速抑制システムとは?画像でチェック

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

最新記事

コメント