なぜホンダ「N-BOX」売れ続ける? 軽メーカーダイハツ・スズキが超えられない理由とは

ホンダの軽自動車「N-BOX」は、日本で一番売れている軽自動車です。人気すぎるがゆえ、直接的なライバル車以外のクルマまでもが「ライバルはN-BOX」という状況です。なぜここまで人気なのでしょうか。

どうしても倒せない「最強軽」N-BOX

 ホンダ「N-BOX」の人気が止まりません。2017年に続いて2018年も、軽自動車以外のクルマを含んだ国内販売ランキングの総合1位になりました。直近の2018年度(2018年4月から2019年3月)では、N-BOXは23万9706台の販売を記録しています。2位のスズキ「スペーシア」は15万8397台、3位のダイハツ「タント」は14万2550台ですから、ほかのクルマに大差をつけています。

 ちなみに軽自動車を除いた1位は、日産「ノート」の13万1760台です。国内販売の上位を軽自動車が占めているなかでも、N-BOXの売れ行きはダントツといえるでしょう。どのようにして、N-BOXはここまでの人気を獲得したのでしょうか。

日本で一番売れているクルマとなったN-BOX

 スズキの販売店からは「お客様は、スズキのどの軽自動車を買うときも、N-BOXと比較・検討します」という声が聞かれます。

 N-BOXは、全高が1700mmを超えるスライドドアを備えた軽自動車であるため、直接的なライバルは似た仕様のスペーシアやタント、日産「デイズルークス」、三菱「eKスペース」などです。しかし販売の現場では、全高が1700mm以下でスライドドアを装着しないスズキ「ワゴンR」もN-BOXと競争するのです。

 日産の販売店で話を聞いても同様で「新型になった『デイズ』が競う相手はN-BOXが一番多い」といいます。デイズも、ワゴンRと同じく全高1700mm以下でスライドドアがない軽自動車。全高やボディスタイル、価格を考えるとデイズの競争相手はホンダ車なら「N-WGN」ですが、実際はN-BOXと競うのです。

 圧倒的な人気車は、概していろいろな車種のライバルとして取り上げられます。似た事例では、先代のトヨタ「プリウス」がそうでした。

 先代プリウスは2012年に今のN-BOXよりも多い31万7657台を登録しており、幅広い車種がプリウスと競合しました。スバル「インプレッサ」やマツダ「アクセラ」だけでなく、セダンの日産「シルフィ」、さらに輸入車のフォルクスワーゲン「ゴルフ」やボルボ「V40」まで、競争相手がプリウスという状況でした。今ではそれがN-BOXで発生しているわけです。

 そのため、近年の軽自動車の商品開発は「打倒N-BOX!」がスローガンになりました。最も分かりやすいのはスペーシアでしょう。先代スペーシアとその前身モデルの「パレット」は、全高を少し低く設定して、個性を表現すると同時にN-BOXとの真っ向勝負を避けました。

 天井が低いためボディが軽く重心も下がり、走行性能や燃費などでN-BOXに勝てる分野を設けました。それにもかかわらず、販売台数ではまったく太刀打ちできなかったのです。

 そこで現行スペーシアは渾身の開発を行い、全高をN-BOXとほぼ同じ数値まで高めました。その上で、内外装をスーツケースをモチーフにした個性的なものに仕上げ、マイルドハイブリッドの採用でJC08モード燃費も28.2km/Lとしました(N-BOXは27km/L)。さらにデザインをSUV風に変更した派生モデル「スペーシアギア」を加えるなど、発売後のテコ入れも入念に行っています。

 それでも2019年3月の届け出台数は1万8848台で、N-BOXの2万6418台と比べると71%にとどまります。N-BOXの牙城を崩すのは、とても難しいです。

「軽らしさ」を感じさせないN-BOXの内装(19枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. パワーがもう少しあれば買いたい。

  2. NBOX特にカスタムは外見は最高にカッコいいと思う!
    しかし内装はタントカスタムの方が上質で品がある。
    NBOXのメーターデザインが1番良くないね!
    さらには収納boxのセンスも悪い。
    最近の軽は、上位車種だと軽く230万円を超えるのでとても庶民には買えない。
    なんとか程度の良い中古を、150万円前後で買うのが賢いと思う!

  3. 軽自動車?登録車より価格が高いと買う人も考えてしまう