トヨタ新型「スープラ」発売! 17年ぶりに伝統の直6エンジンFRが復活 価格は490万円から

トヨタ新型「スープラ」が2019年5月17日より発売されました。伝統の直列6気筒エンジンとFR方式を継承しつつつ、新型スープラではスポーツ走行を気軽に楽しめる直列4気筒エンジン搭載モデルも設定され、これまで以上に走りを楽しめるスポーツカーに進化しています。

伝統の直6エンジンとFRを継承した新型「スープラ」

 2002年に生産終了したトヨタ「スープラ」が17年ぶりに復活し、5代目となる新型モデルが2019年5月17日に発売されました。

 1978年に日本では「セリカ XX」として誕生したスープラは、世代を重ねても一貫して直列6気筒エンジンを積んだFR車であったことは共通しており、新型モデルでもこの2つの特徴を継承しています。

17年ぶりに復活したトヨタ「スープラ」

 新型スープラは、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」初となるグローバルモデルで、これまで蓄積してきた知見やノウハウが注がれました。

 搭載されるエンジンは、直列6気筒ターボエンジンと、スポーティなドライブを気軽に楽しめる直列4気筒ターボエンジンがラインナップされています。

 直列6気筒ターボエンジンを搭載する「RZ」グレードは、回転数1600rpmという低回転で最大トルク500Nmを発生する3リッタースクロールターボとし、アクセルペダルの操作に応じた思い通りの加速が楽しめます。

 直列4気筒エンジンは、チューニングの異なる2つの2リッターツインスクロールターボエンジンを設定。軽快なスポーツ走行を楽しめるハイパフォーマンスな258馬力の「SZ-R」グレードと、街中から高速道路まで軽快なドライビングを気軽に味わえる197馬力の「SZ」グレードが用意されました。

 なお、トランスミッションは、3モデルともに8速ATを採用しています。

 新型スープラは2シーターに割り切り、ホイールベースはトヨタのスポーツクーペ「86」よりも100mm短い2470mmとしました。加えて、ホイールベースとトレッドの比を1.55とすることで、優れた回頭性を実現しています。

 さらに、新型スープラでは、スバルとの共同開発によって水平対向エンジンを搭載した86よりも低い重心高とし、前後の重量バランスを理想とされる50:50とすることでコーナリング性能も高めました。

 新型「スープラ」の開発背景について、開発責任者の多田哲哉氏は次のように話します。

――新型「スープラ」の開発背景について

 今回の「スープラ」は、ターンインからコーナリング中、立ち上がりまで、とにかく“ニュートラル”を目指して、開発も一貫してやっています。

 ボディ剛性に関しては、乗降性などトヨタには厳格なルールが存在するため、通常の市販車開発では外形サイズに対して室内空間を大きく取ろうとして、曲がりくねった複雑な骨格構成となります。しかし、「スープラ」はシンプルな構造で剛性が一番高くなるように、そのような条件をすべて無視して作っています。

トヨタのピュアスポーツカー「新型スープラ」の画像を見る(48枚)

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント