なぜご当地ルール誕生? 全国に点在する「ローカル交通マナー」の実情とは

全国各地に存在する「ご当地交通ルール」。なぜ、共通の道路交通法があるのに地域によって独自のルールができてしまったのでしょうか。

日本屈指の自動車王国!愛知県の「名古屋走り」

 日本の道路を走る場合、道路交通法という全国統一で決まっているルールがあります。しかし、地域の特性によって「ご当地交通ルール」という各地方独特の交通事情・運転マナーも存在するようです。

 これらの独自ルールやマナーには全国的に有名なものありますが、その多くが道路交通法に違反するものです。なぜ、道路交通法に違反する行為が「ご当地ルール」として定着したのでしょうか。

全国各地に点在する「ご当地交通ルール」。とくに右折方法には独自ルールが多い

 ●「名古屋走り」

 まずは、日本屈指の自動車会社、トヨタ自動車のある愛知県から、「名古屋走り」と呼ばれるローカル交通ルールをご紹介します。

・「黄色まだまだ、赤勝負」
 
 いわゆる信号無視です。一般的な道交法を守っているドライバーさんであれば、黄色は原則として止まり、赤では完全に止まるのが当然です。しかし、「名古屋走り」では、黄信号はまるで躊躇わず青信号と同じように進み、赤信号でやっと多少気をつける、というなんとも危ない走りをすることがあります。

 ときには、まだ名古屋に慣れていないドライバーが黄色で停止していると、それをわざわざ避けてまで交差点に突っ込むこともあり、気性の荒い人だときちんと道交法を守って止まったドライバーを怒鳴りつけることもあるそうです。

 ・「速度超過・早曲がり」

 とにかくせっかちな名古屋走りでは、片側3車線という道幅の広さも手伝ってか、スピード超過が多いようです。これに関連して、曲がるときもとにかく青信号になった瞬間急発進、対向車よりも早く交差点を通過します。

 ・「ウインカーなしで車線変更・車線またぎ」

通常、車線を変更する際は、後続車にわかりやすいよう、早めに出すのが交通ルールです。ところが、名古屋走りではその道の広さからか、基本的にウインカーを出さない、あるいは車線変更の直前に出すというギリギリな行為です。

 ときには連続で車線変更したり、車線をまたいだまま走り続けたりと、自由自在。なお、車線をまたぎながら走り続けるのは走行区分違反です。

 ●「松本走り」

 城下町の交通事情から生まれた長野県の「松本走り」。交差点での極悪な右折方法が特徴です。

「対向車が直進してきても無視して右折」は可愛いもので、「左折する対向車がいてもスキを見て右折」「信号がまだ赤なのにいち早く発進して右折」「赤信号に切り替わっても先行車に続いて右折」と、何がそんなに彼らを右折に駆り立てるのか、とにかく右折に命をかけています。

 もちろんノーウインカー、ノー後方確認ですから、後ろのドライバーはヒヤヒヤものです。さらに、小道から出て他の道路に右折しながら合流するときも、通常であればその合流しようとする道路の左右車線両方とも空いた隙にサッと合流しますが、松本走りでは左車線だけが空いたら前進し、右車線が空いたら合流します。

 つまり、右車線が空くのを待っている間、左車線をせき止めてしまっているのです。

 松本走りがこれだけ右折に命をかけているのは、城下町ならではの込み入った道路事情、狭い道幅のせいだといわれています。

 混んでいるときは、次々に迂回路を求めなくてはならなかった結果、これほどまでに右折に命をかけるようになったそうです。

初見殺しのご当地ルールに要注意! 独自ルールに関する画像を見る

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 三重県だと”伊勢時間”と言って約束した時間より30分遅れるのがデフォなんだけど、スピード違反,
    信号無視は毎度のことだし、国道23号線だと公道バトルをする輩は多いからなぁ…。

  2. その地方独自の法律に違反した身勝手な走り方を、あたかも土地柄による良いマナーでもあるような印象を与える「ご当地ルール」などと称し、単なる危険行為の数々を紹介しているこの記事は、適当な記事とは思いません。