最速をかけた熱き戦い!「湾岸Midnight」に登場するクルマ5選【其の1】

速いクルマはいつの時代も男たちの憧れです。リアルワールドでは速さを競うことはできませんが、漫画の世界であればそれが可能です。首都高速最速の称号に命を賭けて走る者たちの漫画「湾岸ミッドナイト」に出てくるクルマを5車種ピックアップしてご紹介します。

狂気のスピードと繰り広げられる人間模様が魅力の「湾岸ミッドナイト」

 速いクルマはいつの時代も男たちの憧れです。そのなかでも「首都高最速」というフレーズには心が踊る方もいるのではないでしょうか。

 法定速度があるリアルワールドの公道では速さを競うことはできませんが、マンガ、アニメ、ゲームを通じて夢を見ることは可能です。高速道路を走る一般車を縫うように走り、300キロオーバーの速度で編隊を組んで走る者たち。今回は、首都高最速の称号に命をかけた者たちの物語、湾岸MIDNIGHT(以下、湾岸ミッドナイト)に出てくるクルマをご紹介します。

日産 フェアレディZ(S30)

 湾岸ミッドナイトは、楠みちはる氏によるクルマを題材にした漫画の名称で、「ビッグコミックスピリッツ」および「週刊ヤングマガジン」でシリーズ連載され、その後アニメやゲームなど幅広いジャンルで人気を博した、日本を代表するクルマ漫画です。

 物語の舞台は東京・首都高速。作中では極限までチューンナップした愛車を駆り、首都高速最速の称号に命を賭けて走る者たちと、彼らを取り巻く人間模様が生々しく描かれています。クルマでただ速く走るだけ、という漫画ではなく、走り続けることの意味と、それに費やしたこれまでの人生への問い。クルマ、人間、金、恋人、家族など、生きることの意味さえ考えさせられる作品です。

 そんな湾岸ミッドナイトの魅力をより一層大きくする要素といえば、登場するキャラクターたちが乗るクルマにあります。今回は、物語のメインキャラクターとなる人物達の愛車を5車種ピックアップしてご紹介します。

日産 フェアレディZ(S30)

本作の主人公である「朝倉アキオ」が駆るクルマが、日産 フェアレディZ(S30)です。もともとは解体屋でスクラップになるのを待っていたフェアレディZでしたが、アキオの手によって修理され再び走ることになります。しかし、そのフェアレディZは、乗る者に不幸をもたらすという「悪魔のZ」だったのです。

 日産 フェアレディZ(S30)は、1969年に発売されたクルマで、北米市場で大ヒットした2ドアクーペです。搭載された直列6気筒エンジンL型は、2リッター、2.4リッター、2.6リッター、2.8リッターとさまざまなタイプが用意されました。

 日本国内のモデルでは、SU製ツインキャブレターを装備したSOHCのL20型エンジンと、ソレックス製ツインチョークキャブレターを3基装備した、DOHCの直6 2リッターエンジンが設定されました。

 ベースモデルの「Z」では4速MTと5速MTを搭載。「Z-L」では5速MTに加え、AMラジオ付きステレオ、助手席フットレスト、リクライニングシートなどが与えられました。

 当時の新車販売価格は廉価版の「Z」が84万円、「Z-L」が105万円となっており、当時としては比較的安価だったこともあり日本でも爆発的にヒットしました。作中に出てくる悪魔のZでは、L28型エンジンを3.1リッターまで排気量アップし、TD06タービンによってツインターボ化され、約600馬力までチューンナップされています。

「いくら拒否しても、オレはお前だ悪魔のZッ!」「たとえ悪魔でも、俺はこいつがいい。ただそれだけだ」主人公のアキオによる数々の名言が、彼のフェアレディZへの思い入れの強さを物語っています。

欲しいクルマばっかり…。湾岸ミッドナイトに出てくる名車たちの画像(22枚)

【まだ間に合う!】夏休みお得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事

コメント