トヨタの3列SUV「ハイランダー」とマツダOEMの「ヤリス」がNYショーで世界初公開

2019年4月17日から開催されているニューヨークオートショーで、トヨタは新型「ハイランダー」と新型「ヤリス(日本名:ヴィッツ)」を世界初公開しました。

海外を中心に進化した3列SUV「ハイランダー」がフルモデルチェンジ

 2019年4月17日から開催されたニューヨークオートショーでトヨタは、新型「ハイランダー」やコンパクトハッチバックの新型「ヤリス(日本名:ヴィッツ)」を世界初公開しました。

4代目となるトヨタ新型「ハイランダー」

 3列シートSUVのハイランダーは、日本では初代モデルが「クルーガー」として2000年から2007年まで販売されていました。

 日本での販売が終了したあと、北米を中心とした海外で進化を続け、今では中国・オーストラリア・ロシアなどグローバルで販売されています。

 今回のフルモデルチェンジで4代目となる新型ハイランダーは、ガソリンモデルに新開発の四駆システム「ダイナミックトルクベクタリング機構」を採用しています。

 これは前後および後輪の左右駆動力を最適に制御して、コーナリングや悪路走行でも操縦安定性を高めるというものです。

 また、Toyota New Global Architecture(TNGA)のプラットフォームの採用により、快適性や安全性を含めた基本性能、燃費性能が向上しています。

 エンジンのラインナップはV6ガソリンモデルに加え、2.5リッター直4のハイブリッドモデルを新たに追加しました。

 外観のデザインはSUVらしさを強めるとともに、内装はこれまで以上に上質感あふれるものに進化しています。

 新型ハイランダーは、米国では2019年12月にガソリンモデルが、2020年2月にハイブリッドモデルが発売される予定で、その後、海外市場に順次投入されることになっています。

新型「ハイランダー」やマツダOEMの新型「ヤリス」の画像を見る(25枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事

コメント