トヨタの3列SUV「ハイランダー」とマツダOEMの「ヤリス」がNYショーで世界初公開

新型「ヤリス」はマツダ「デミオ」のOEMに変更

 コンパクトハッチバックの「ヤリス(日本名:ヴィッツ)」は、北米仕様は「マツダ2(日本名:デミオ)」がベースとなります。

マツダのOEMとなるトヨタ新型「ヤリス」

 北米ではすでに「ヤリスセダン」は「マツダ2セダン」をベースとしていましたが、ハッチバックについてもマツダのOEMに変更されることになりました。
 
 外観は、六角形のフロントグリルやシャープなヘッドランプを採用して、スポーティなデザインに刷新されました。なお、内装についてはデミオと同様のデザインになっています。

 また、ホイールベースが延長されたことでゆったりとした室内空間とするとともに、荷室はミドルサイズセダンに近い容量を確保しています。

 搭載されるエンジンは1.5リッターで、6速ATと組み合わせました。

 北米では2020年モデルとして販売される新型ヤリスですが、日本で販売される次期ヴィッツがデミオベースになるのかは今のところ明らかになっていません。

【了】

新型「ハイランダー」やマツダOEMの新型「ヤリス」の画像を見る(25枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事

コメント