ホンダ初!N-BOXが2年連続日本一 新型N-WGNも今夏登場でNシリーズさらに強化へ

ホンダの人気軽自動車「N-BOXシリーズ」が、2018年度に23万9706台を販売し、軽自動車および登録車を含む新車販売台数でそれぞれナンバー1を獲得しました。

年度の新車販売で2年連続トップはホンダ初

 ホンダの「N-BOX(エヌボックス)」シリーズは、2018年度(2018年4月~2019年3月)に23万9706台を販売し、軽四輪車新車販売台数において4年連続で第1位を獲得しました。

日本で一番売れているホンダ「N-BOX」

 さらに、登録車を含む新車販売台数では2年連続で第1位と、年度の新車販売台数において2年連続第1位を獲得するのは、ホンダとして初めての記録となります。

 N-BOXシリーズは、N-BOX、N-BOX スラッシュをラインアップし、幅広い層のユーザーから支持を得ています。

 2017年8月にフルモデルチェンジして2代目となったN-BOXは、軽乗用車最大級の室内空間や存在感のあるデザインに加え、先進安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を標準装備しています。

 また、N-BOX スラッシュは、豊富なラインアップを揃えた個性的な内装デザインや本格的な重低音を楽しめるサウンドマッピングシステムなどが特徴です。

 ホンダの軽自動車「Nシリーズ」は、2011年にN-BOXが発売されて以来、約230万台を販売しています。

 このNシリーズをさらに訴求するため、2019年夏にはハイトワゴンの「N-WGN(エヌワゴン)」のフルモデルチェンジが予定されています。

【了】

日本で一番売れてるクルマ「N-BOX」や今夏フルモデルチェンジ予定の「N-WGN」の画像を見る(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント