スズキ クロスビーとハスラーのデザインはどうして似ているのか

スズキの人気コンパクトSUV『クロスビー』と、人気軽クロスオーバー『ハスラー』。コンパクトカーと軽自動車という違いはあるものの、デザインはそっくり。車名は全く違うのに、いったいどちらを選べばいいか悩んでしまいます。

コンパクトカーか軽自動車という選択

 スズキの人気小型SUVモデルである、『クロスビー』と『ハスラー』。車格が違うため、ボディサイズの明らかな差はありますが、外観はかなり似たデザインとなっています。

 名前は全く違うのに、いったい何故似ているのでしょうか。

PRアクティブに使える軽クロスオーバー! スズキ ハスラーの中古車情報はコチラ

クロスビーの外観

 ハスラーは軽ハイトワゴンをベースとしたクロスオーバーモデルで、2014年1月に発売されました。

 個性的で可愛い見た目と軽自動車規格を最大限に使用した、ゆったりとした室内空間で現在も高い人気を誇ります。

 一方、ハスラーの小型車版を求めるユーザーの声から、クロスビーが発売されたのは2017年12月のことです。

 この2台は、プラットフォームを共有している訳ではなく、クロスビーにはソリオやイグニスと同じで、骨格や主要部品を全面刷新し、高い剛性と軽量化を実現した新プラットフォーム『HERTECT(ハーテクト)』が採用されています。そして、ハスラーのプラットフォームは5代目ワゴンRと共通です。

 ちなみにスズキでは、クロスビーの開発コンセプトについて、『広い室内のワゴンとSUVを融合させた、新ジャンルのクロスオーバーワゴン』としており、コンパクトカーサイズでは今までにない新しいクロスオーバータイプの車であることから、『新ジャンル』と表現しています。

 また、ハスラーの開発コンセプトは『今までなかった新ジャンル。アクティブなライフスタイルに似合う軽クロスオーバー』。
 
 どちらも各サイズ初のクロスオーバーという、新ジャンルの位置付けです。

 そんな2台の外観が似ている理由について、スズキ広報部の小林氏は「市場から多くの要望をいただいたハスラーの小型車版として、ワゴンの居住性と小型車らしい力強いスタイリングを両立させることを目指し、デザインを1から専用開発しました。

 小型車の新ジャンルとして、アウトドアからおしゃれな街乗りまで、年齢や性別を問わず多くの人に愛される他に例のないデザインです。」と説明します。

 ではなぜ、ハスラーの派生車種という位置付けではなく、クロスビーという新型車として販売されているのでしょうか。

 その理由については、「クロスビーは1から開発・デザインを行なっており、ハスラーとは共通部品を使用していません。

 新ジャンルの小型車として発売するにあたり、ネーミングも新開発のネーミングとしました。」とのことでした。

スズキ クロスビーとハスラーのそっくりなデザインを写真で見る(7枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント