デリカミニ誕生? 三菱新型「eKワゴン・eKクロス」先進機能充実で137万円から

三菱の新型「eKワゴン」が約6年振りにフルモデルチェンジを果たしました。今回は、同社の主力ミニバン「デリカD:5」のようなフェイスデザインの「eKクロス」も新設定されています。先進安全性能技術や高い走破性が充実した「eKワゴン」「eKクロス」とはどんなクルマなのでしょうか。

三菱の新型「eKワゴン」「eKクロス」登場

 三菱は、ハイトワゴンタイプの新型軽自動車「eK wagon(ワゴン)」と「eK X(クロス)」を2019年3月28日に発売することを発表しました。

三菱の新型軽自動車「eKクロス(左)」「eKワゴン(右)」

 2013年6月以来、約6年振りのフルモデルチェンジとなる新型eKワゴンは、運転のしやすさや快適性の向上によって日常での使いやすさが増しています。

 さらに、三菱初となる高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイ パイロット)」などの先進技術によって、『いつもよりもっといろいろな場所へ行ってみたい』というお客様の想いに応えたいと三菱は説明しています。

 新たに設定された、三菱独自のSUVテイストを持つクロスオーバーモデル「eKクロス」は、SUVらしい力強さをハイトワゴンに掛け合わせた(クロスさせた)ことから命名。

 同社「デリカD:5」同様に三菱のデザインコンセプト『ダイナミックシールド』が採用され、アクティブで存在感あるSUVテイストを表現しています。

 内装においては、eKワゴン・eKクロスともに『快適な空間』『スマートな使い勝手』をコンセプトにおしゃれさと実用性を追求し、スマホやティッシュケースなどを収納するスペースが多彩に用意。

 センターに位置するオートエアコンパネルは、高い視認性を実現したタッチパネル式で、風量調整スイッチと表示部をコンパクトに一体化していたことで、デザイン性も向上しています。

 また、従来モデルからエンジンルーム長を短縮し、ホイールベースを65mm延長。そのため、後席の足元空間が70mm拡大したことで、前席を一番下げた状態でも足を組んで座れるほどの居住空間です。

 新型eKクロスパワートレインには、新しいハイブリッドシステムを採用し、エンジンとモーターの連携によって、燃費向上を図るとともに、力強く滑らかな走りを実現。

 また、路面に応じた走りを可能とする「フルタイム4WD(4WD車)」、雪道やぬかるみでも不安定なく運転できる「グリップコントロール(全車標準)」など、あらゆる路面状況においての走破性が高くなっているのです。

 さらに、減速時から停止時には車速が約13km/h以下からエンジンを停止させる「オートストップ&ゴー」機能も採用されています。

 新型eKワゴンの価格(消費税込み)は、137万7千円から142万5600円。eKクロスは、154万4400円から176万5800円です。

 今回の新型軽自動車は、三菱と日産の合弁会社NMKVが企画・開発をマネジメントしています。新たな開発・生産プロセスのもと、『プラットフォーム』『エンジン』『CVT』とった主要部分を刷新した新しい軽ハイトワゴンとなります。
 
【了】

竹内涼真も絶賛!都会派から自然派までを虜にする「eKワゴン・eKクロス」を見る(36枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 車を見たかった、宣伝の男の写真しか見えない、車が見えない、おかしい。