セダンの常識を変えた?プジョーの新型フラッグシップ 508が日本デリバリーを開始

プジョーの新しいフラッグシップモデルである508の発売、および日本デリバリーが2019年3月20日より開始されました。新型508は、プジョーらしいダイナミックな運転感覚と上質な乗り心地、そして先進の運転支援システムを搭載して登場しました。

4ドアファストバックの新型508は、先進の安全装備とプジョーが目指す走りを実現

 プジョー・シトロエン・ジャポンは、2019年3月20日に、プジョーブランドのフラッグシップセダンであるNEW 508の日本仕様を公開し、発売およびデリバリーを開始したことを発表しました。

フルモデルチェンジを行なった、プジョー 新型508

 プジョーの新型508は、4ドアファストバックスタイルの新しいフラッグシップモデルとして登場しました。新型508は、エクステリア、インテリア、先進運転支援機能、安全性、ダイナミズム、乗り心地などのあらゆる要素をフルモデルチェンジによって進化させました。

PRプジョー 508の中古車情報はコチラ!

 前モデルに比べてより低く、よりワイドになった4ドアファストバックのエクステリアは、大胆で力強く、今までのセダンのイメージを一新させています。インテリアには、ドライビングのためのインターフェイスとして、i-Cockpitをさらに進化させた次世代型が搭載されました。

 乗員が快適に過ごすための空間には、デザインや素材を吟味して作られたプジョーらしい上質な室内空間を実現しました。ドライビングインターフェースのi-Cockpitは、レーンポジショニングアシスト、アクティブクルーズコントロール、ナイトビジョン、第2世代のアクティブセーフティブレーキなど先進の装備を多数搭載しています。

 ボディには、将来の電動化も見据えたEMP2プラットフォームを採用し、そこにアクティブサスペンションを組み合わせています。しなやかな乗り心地とダイナミックなハンドリング、高い静粛性を兼ね備えた運転感覚は、Dセグメントの分野をリードする仕上がりになっています。

 新型508日本仕様の公開に合わせて来日した、プジョーCEOのジャン-フィリップ・アンパラトは次のように語りました。

「ついに新型508が世に出ることになりました。プジョーのSUVである2008、3008、5008の世界的な成功を受けて、私たちはライバルを圧倒するプジョーサルーンのあるべき姿を具現化する必要がありました。

 508が位置するDセグメントでは、 世界中の偉大な自動車メーカーと対峙しなければなりません。そして新型508は、私たちが到達すべき目標である” プジョーを世界トップの多様性を持つオートモーティブブランドにする”と言うことを、これまで以上に体現する一台になっているのです。」

 プジョー 新型508は、1.6リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載した「508 Allure」が消費税込み417万円。同じく1.6リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載した「508 GT Line」が消費税込み459万円。2リッター直列4気筒ターボディーゼルエンジンを搭載した「508 GT」が消費税込み492万円となっており、8速ATのトランスミッションとFFの駆動方式は共通となっています。
 
【了】

プジョー 新型508の内外装を詳しく見る(9枚)

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

最新記事