デビュー直前情報! 新型日産「デイズ」・三菱「eK」はなにがスゴイ?

徐々にベールを脱ぎつつある新型軽自動車の日産「デイズ」と三菱「eK」。正式発表前の段階で、分かる範囲の最新情報を紹介します。

話題の新型軽自動車デビュー直前情報

 2019年3月下旬に、日産は新型「デイズシリーズ」、三菱は新型「eKシリーズ」を同日に発表。すでにさまざまなメディアで取り上げられていますが、デビュー直前情報として、現時点で判明している内容を紹介します。

日産の星野専務執行役員(左)、三菱の益子会長CEO(右)の両側に「デイズ」と「eK」

 新型軽自動車は、日産と三菱が共同開発し、日産からは「デイズ」、三菱からは「eKワゴン」という車名で販売されることは従来と変わりません。軽自動車を開発するために日産と三菱がジョイントで設立した「NMKV」という会社が全体を取りまとめ、企画をおこなったのも従来通りです。

 しかし、先代と違うのは開発体制。従来はNMKVから三菱へ開発を委託していましたが、新型は日産へ開発を委託し、日産が中心となり設計をしました。

 すなわち、今回のモデルが史上初めて日産が開発した軽自動車ということを意味しています。一方で、生産に関しては先代同様に三菱自動車が担当。すべて岡山県にある水島製作所で作られるのです。

 開発の中心が三菱から日産に変更された理由が気になるところですが、NMKVの遠藤淳一CEOによると「先進安全機能や運転支援システムを盛り込むためには、日産で開発したほうがメリットが多いと判断した」と説明しています。

 新型軽自動車の車両としての特徴は、「新プラットフォーム」「新パワートレイン」そして「先進安全技術」の3点です。

「新プラットフォーム」の特徴は、従来に比べて室内の前後長が広がっていること。軽自動車は、車体のサイズに制約があるので全長は旧型と同じですが、前後席の間隔も荷室も奥行きも広がっているというから驚かずにいられません。

 室内空間を広げられた理由の秘密はエンジンルームにあるようです。設計を見直すことでエンジンルームの前後長を短くし、エンジンルームと室内の仕切りを前に出すことで室内長を拡大しました。

 正式発表前なので詳細はまだ公表されていませんが、もしかすると後席足元の広さはクラストップに躍り出るかもしれません。

 パワートレインの要となるエンジンは、新開発ユニットを採用。ポイントは、ロングストローク化によるトルクアップで、走りはじめから力強く感じられるといいます。

 驚くことに、ルノーが基本設計した「BR08」というエンジンをベースに、軽自動車用に最適化して設計したというのです。ルノーのエンジンをベースにしたメリットとして、「必要な図面が従来の半分ほどで済んだから開発がスピーディだった」とNMKVの遠藤淳一CEOは具体例を教えてくれました。

発売目前! 新型「デイズ」と新型「eK」を画像で見る

画像ギャラリー

1 2

最新記事