「これは格好いい?」 三菱の新型軽自動車「eKワゴン」「eKクロス」の予約開始

三菱は新型軽自動車「eKワゴン」「eKクロス」の受注を2019年3月14日から開始すると発表。同年3月28日に発売するとしています。注目は、大幅なフェイスデザインの変更で話題となった「デリカ D:5」に似ている「eKクロス」のデザインです。

「デリカ D:5」の弟分??

 三菱は、ハイトワゴンタイプの新型軽自動車「eK wagon(ワゴン)」と「eK X(クロス)」を2019年3月14日より予約注文の受付を開始し、同年3月28日に発売することを発表しました。

デリカの弟分? 新型軽自動車「eK X(クロス)」のフェイスデザイン

 2013年6月以来、約6年振りのフルモデルチェンジとなる新型「eKワゴン」は、運転のしやすさや快適性の向上によって日常での使いやすさが増しています。

 さらに、軽自動車初の高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイ パイロット)」などの先進技術によって、“いつもよりもっといろいろな場所へ行ってみたい”というお客様の想いに応えたいと三菱は説明しています。

 新たに設定された、三菱独自のSUVテイストを持つクロスオーバーモデル「eKクロス」は、SUVらしい力強さをハイトワゴンに掛け合わせた(クロスさせた)ことから命名。

 三菱のミニバン「デリカ D:5」に見られる、同社のSUVテイストらしいデザインと新たに採用したハイブリッドシステムによる低燃費性能も特徴です。新型「eKクロス」については、“探究心を持って新しいことに挑戦したい”というお客様の想いに応えたいと三菱は説明。

 新型「eKワゴン」「eKクロス」は、三菱と日産の合弁会社NMKVが企画・開発をマネジメントしています。新たな開発・生産プロセスのもと、『プラットフォーム』『エンジン』『CVT』とった主要部分を刷新した新しい軽ハイトワゴンとなり、約60年にわたる軽自動車づくりのノウハウを持つ三菱と日産の先進技術を融合させたモデルです。
 
【了】

「これはいい!!」 新型「eK X(クロス)」や「eKワゴン」を画像で見る(18枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー