乗り心地は想像の10倍超え! ジープ・ラングラーは世界中走り抜けることができる

ジープ・ラングラーは、長い歴史の中で鍛え抜かれてきたモデルです。最新のラングラーは、荒々しさや無骨でもなく、オンロードでも上質な乗り心地を提供してくれます。

無骨なイメージを払拭!オフロードだけでなくオンロードも良!

 意外なことだらけで腰を抜かしかけました。ジープ・ラングラーをドライブするのは数年ぶりでしたし、まして激しいアップダウンのある降雪路など、はじめての経験だったのです。許された試乗はわずかではありましたが、2018年にデビューした新型ジープ・ラングラーをドライブして、あらためてのクルマの素性と個性の源を確認したのです。試乗を行った場所は北海道千歳でした。

ジープ・ラングラー・アンリミテッド

 ここであらためて、ラングラーのアウトラインを紹介しておきましょう。ラングラーが誕生したのは1987年です。それ以来、9年~11年周期でフルモデルチェンジを繰り返してきました。新型は4代目になります。

 といっても、ラングラーのスタイルは1987年に突然現れたのではありません。1941年に誕生したジープが源流のようです。1941年にデビューしたジープデビューは、いわば軍用車の4×4でした。戦車同様に、密林や湿地帯を突き進むために開発されたのです。そのジープが1987年にラングラーと名前を変えました。78年以上の歴史を積み重ねがあると言ってもいいかもしれませんね。いまでは、フィアット・クライスラー・オートモーティブ(FCA)の傘下に組み込まれています。

 驚くのは、キャラクターに一切のブレがないことです。その当時の、道無き道を突き進むというスタイルをまったく変えていないのです。踏破性を最大の武器に地球上を駆け回ってきたといっていいでしょう。そのタフなオフロード性能はいまでも一点の曇りもないのです。

 その踏破性能は、外観からでも容易に想像できることでしょう。ドアは蝶番がむき出しです。ドアだけでなく、フロントウインドーや屋根も、取り外すことも可能です。

 駆動方式はもちろん、パートタイム式の4×4。セレクトレバーを操作することで、一般道のドライブ用に適した2輪駆動と、悪路を走るときに適した高速型4WDと、そしてもうひとつ、岩場や泥濘地を走る時の低速型4WDが選べるのです。

 もし密林を走り切らなければ生きていけないとしたら、僕が選ぶのは以下の4台のうちのいちだいになるでしょう。トヨタ・ランドクルーザー、メルセデスGクラス、レンジローバー、そしてこのジープ・ラングラーです。そうです、世界トップクラスの踏破性が武器なのです。

 ただし、時代は変化するものなのです。ラングラーは踏破が特徴ですから、アスファルトを走るのは苦手だと思っていました。河原や森林でキャンプを楽しむキャンパーや、岩場を走ることを楽しむトライアラーたちだけが喜ぶのであって、たとえば街中などを走るのは苦手なのだろうと思っていたわけです。ですが、今回の試乗で目から鱗がこぼれ落ちました。オンロード性能も優れていたのです。

ジープ「ラングラー」の写真を見る(8枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2

最新記事