日産「ジューク」は元々「マーチ」!? 車名を再利用したクルマ5選

クルマの販売台数を左右するうえで、とても大事な要素として車名があります。各社、良いネーミングを考えていますが、まれに過去販売していた車種から使いまわすこともあります。そこで、現行車種のなかから、過去に使われていた車名や型式名を復活させた5車種をピックアップして紹介します。

「昔の名前で出ています」というクルマ5選

 車名はデザインとともにクルマの看板的役割があります。ネーミングの良し悪しが販売台数を大きく左右する大事なものです。

 メーカー各社は知恵を絞って良いネーミングを考えますが、まれに過去販売していた車種から使いまわすこともあります。

 理由のひとつとして、各社がさまざまな車名を商標登録しているため、新規で車名を登録するのが困難な状況という背景もあります。

 そこで、現行車種のなかから、過去に使われていた車名や型式名を復活させた5車種をピックアップして紹介します。

●日産「マーチ ジューク」⇒「ジューク」

2代目「マーチ」の特別仕様車「マーチ ジューク」

 2010年に発売された日産「ジューク」は、ユニークな内外装のデザインが評判となったクロスオーバーSUVです。

 この「ジューク」というネーミングを先に使っていたのは「K11型 マーチ」で、1997年に発売された特別仕様車「マーチ ジューク」でした。

ユニークなデザインの日産「ジューク」

「マーチ ジューク」はボンネットとルーフ、ホイールキャップが赤、そのほかの車体を黒で塗装されたかなりビビッドなカラーリングで、内装もシートやメーターが同様に赤と黒でコーディネイトされていました。

●スバル「ジャスティ」⇒「ジャスティ」

量産車世界初のCVTを搭載した「ジャスティ」

 ダイハツが製造・販売するコンパクトワゴン「トール」は、トヨタとスバルにもOEM供給されています。そのスバルが販売するモデルが「ジャスティ」です。

 元々「ジャスティ」という名は、1984年に発売されたリッターカー(1リッタークラスのエンジン搭載のモデル)に採用されました。

2代目となるスバル「ジャスティ」

 初代「ジャスティ」はオーソドックスな3ドア/5ドアハッチバックでしたが、最大のトピックスとしては量産車世界初となるベルト式CVTを搭載したことです。

 後に国産車はコンパクトカーや軽自動車のみならず中型車まで、CVTがトランスミッションの主流になりますが、その先駆けが「ジャスティ」でした。

えッ!昔もこの車名あったの!? 懐かしいクルマたちを画像でチェック(20枚)

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事