ついにトヨタHVの「プリウス」「アクア」の牙城崩す! 日産「ノート」が売れるワケとは

2018年の販売台数ランキングにおいて、日産「ノート」はトヨタ「プリウス」「アクア」を抑えて、首位に輝きました。売れた理由にはどのような背景があるのでしょうか。

トヨタ車と日産車の戦い

 毎年、国内自動車メーカーの販売台数ランキングでは、トヨタ車の「プリウス」「アクア」が上位を独占していました。しかし、2018年の年間販売台数において、日産「ノート」が首位を奪ったのです。

 世界初の量産ハイブリッド車として、世界的認知度のある「プリウス」と日本の狭い道路事情にマッチした弟分ともいえる「アクア」は、トヨタのブランド力によって販売台数を稼いできました。

 なぜ、日産「ノート」は強力なライバルの2台に勝つことができたのでしょうか。

e-POWERで売れた日産「ノート(左)」とハイブリッド車の代名詞といえるトヨタ「プリウス(右)」

 ひとつ目の理由として、2016年11月に新グレードとして追加された電動パワートレイン「e-POWER」の存在が挙げられます。

「e-POWER」は、100%モーター駆動で、力強くスムーズな走行性能と優れた静粛性を特徴とした日産のハイブリッドシステムです。

 さらにアクセルペダルの踏み加減を調整するだけで発進、加速、減速、停止までをコントロールできる「e-Pedal」も高い評価を受けています。「e-Pedal」という名称をテレビやラジオなどで広告することにより、『ノート=次世代のクルマ』というイメージ付けに成功しているのもポイントでしょう。

 実際に「e-Pedal」を体感したユーザーは、『従来のアクセルとブレーキの操作がわずらわしく思えるほど』と新感覚のペダル操作方法に驚きを隠せないといいます。

 日産「ノート」が売れている現状について、日産の販売店スタッフは次のように説明します。

「ノート自体は、2005年に登場した初代モデルから『コンパクトカージャンル』の人気にあやかり、販売は好調でした。それに、『e-POWER』が加わったことでさらに多くのお客様が興味を持ってくださいました。

 具体的な販売面では、2WDや4WD、NISMO仕様など分けることができ、全39グレードを展開しています。そのため、お客様の細かなニーズに応えることができているのも大きいです」

不評デザインを刷新した「プリウス」と2018年の1位に輝いた「ノート」の画像を見る(31枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事