さらにスポーティさを追求 「メガーヌ ルノー・スポール カップ」を100台限定発売

ルノーは、「メガーヌ ルノー・スポール」に6速マニュアルトランスミッションなど、スポーツドライビング向け装備を搭載した『メガーヌ ルノー・スポール カップ』を3月22日に発売します。

追加されたのは、ルノー・スポールが持つノウハウと情熱

 ルノーは、「メガーヌ ルノー・スポール」にスポーツドライビングを追求した限定車 『メガーヌ ルノー・スポール カップ』を限定100台で2019年3月22日(金)より販売します。

スポーツドライビングを追求した 限定車 メガーヌ ルノー・スポール カップ

 現在3代目となった「メガーヌ ルノー・スポール」は、Cセグメントのホットハッチマーケットにおけるベンチマークとなった先代モデル同様、ルノー・スポールが持つノウハウと情熱を注ぎこんだ1台として誕生しました。

 今回、さらにスポーツドライビングを追求したMTモデルが、 「メガーヌ ルノー・スポール カップ」です。

 ベースの「メガーヌ ルノー・スポール」に対し、スプリングレートをフロント23%、リア35%、ダンパーレートを25%高められ、フロントアンチロールバーの剛性も7%高められたシャシーは 、ロールを抑えて正確なハンドリングをもたらします。

 さらにサイドギアを分割し、結合部にワンウェイ構造のヘルカルスプラインを採用したトルセンLSDにより、左右輪のトルク配分比を高め、トラクション性や走行時のフィーリングを向上。

 アクセルオン時は、差動制御が大きく機能してトルク配分比を大きく高める一方で、アクセルオフ時には差動制御の効きを抑え、最適なトルク配分とドライバビリティの向上を実現しています。

 そしてフロントブレーキには、鋳鉄製のベンチレーテッドディスクにアルミ製ハブを組み合わせたバイマテリアルブレーキを採用。「メガーヌ ルノー・スポール」に比べて1個当り1.8㎏の軽量化を達成し、冷却性能も向上しました。

 全3色(ブランナクレメタリック・グリチタニアムメタリック・ノワールエトワールメタリック)が設定された「メガーヌ ルノー・スポール カップ」の価格(消費税込み)は、450万円です。

【了】

MTモデルの限定車「メガーヌ ルノー・スポール カップ」を写真でチェック(7枚)

画像ギャラリー

最新記事