人気モデルの派生で「そう来たか!」 印象に残るユニークなクルマ5選

チョップトップやトラック化したケースも

●ホンダ「N-BOXスラッシュ」

メーカー製作のカスタマイズカーといった趣の「N-BOXスラッシュ」

 2011年に発売され、現在も大ヒットを続けているホンダ「N-BOX」の派生車種となるのが、2014年に登場した「N-BOXスラッシュ」です。この一台ではベースモデルに対し100mm全高を下げスタイルを優先した、いわゆる「チョップドトップ」というテクニックが用いられています。

 通常、派生モデルとしてベースモデルよりも天井を高くして利便性を向上させたハイルーフ仕様はよくありますが、天井を低くしてしまうのは非常に珍しいパターンです。また、利便性が高いスライドドアをわざわざヒンジドアに変更している点もユニークなポイントといえるでしょう。

 内装も個性的で、通常はインテリアカラーを1色か2色程度しか用意しないことが多いですが、「N-BOXスラッシュ」では8色を設定するなど、内装にも非常にこだわりのあるモデルとなっています。

 現在「N-BOX」は2代目にバトンを渡していますが、「N-BOXスラッシュ」は初代「N-BOX」ベースのまま継続販売されています。今後、同モデル2代目が登場するのか、このモデルで終了するのか気になるところです。

●ダイハツ「ハイゼットデッキバン」

レジャー用途にもよさそうな「ハイゼットデッキバン」

 ダイハツ「ハイゼット」シリーズは50年以上の歴史を持つ軽商用車ですが、その中のバンモデル「ハイゼットカーゴ」の荷室をピックアップトラックのようなオープンデッキに変更した派生車が「ハイゼットデッキバン」です。

 ある意味、軽1BOXと軽トラックのクロスオーバーともいえる「ハイゼットデッキバン」は1988年に初登場し、現行モデルまで4代続けて設定されるロングセラーモデルとなっています。

 荷物を多く運ぶ場合には軽トラックに軍配が上がりますが、4名が乗車可能で、汚れ物を載せたり頻繁に荷物を積み降ろしするような場合には、トラック形状の「ハイゼットデッキバン」に優位性があるでしょう。

 最近では軽トラックのキャビンを広げたダイハツ「ハイゼットジャンボ」やスズキ「スーパーキャリー」が注目を浴びていますが、この流れで、軽トラックベースのダブルキャブといった派生車も面白そうです。

●スバル「BAJA」(バハ)

実用的でありながらも走りも重視したピックアップの「BAJA」

 スバル「レガシィ」は高性能なワゴンモデルが人気となったモデルです。2代目「レガシィ」には、派生車として「ツーリングワゴン」をベースに車高をアップし、RVテイストを盛り込んだクロスオーバーSUV「レガシィ グランドワゴン(ランカスター)」、現在もラインナップされている「レガシィ アウトバック」が登場します。

「レガシィランカスター」は北米では「アウトバック」という車名で販売され、2代目「アウトバック」には、さらに派生車として、荷室上部を取り払いピックアップトラック仕様にした「BAJA(バハ)」が加わります。

 このようなピックアップトラックは、SUT(スポーツ・ユーティリティ・トラック)というジャンルのモデルで、主に北米市場で需要があります。「BAJA」以前には「レオーネ」をベースにしたピックアップトラック「ブラット」もありましたが、どちらも日本では正規販売されていません。

 なお「BAJA」は2006年まで生産されましたが、その後の「アウトバック」には設定されず、1代限りで販売終了となりました。

※ ※ ※

 自動車メーカーはニーズがあれば、少し目先を変えたユニークな派生車を展開することもありますが、チャレンジ失敗により一代で販売終了してしまったり、生き残り続けロングセラーになるモデルもあります。

 新しい価値観を提供してくれる、ユニークな派生車の登場を今後も期待したいところです。

【了】

ユニークな発想で作られた派生車を画像でチェック(20枚)

【最安値航空券】行楽シーズンも国内最安はスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事