人もクルマも思い込みがち? 雪道と言えばフォルクスワーゲンの新常識

VWは雪でも楽しいというクルマ新常識

 よって、今回小沢も長野の雪道でVWの4モーションをトコトン試してみましたがこれがよくできている。この手の最新4WDは燃費性能を上げるために、ドライ路面では基本FF状態、つまり前輪トルク配分100%で走ります。その方がパワーを無駄に使わないからです。

アクセルを踏むと自然にノーズがインを向く4モーションモデル

 しかし、それだとドライ路面から雪道に入った時にツライ。とくにタイヤが空回りし易いのは発進時で、最初に前輪が滑ると、後でいくら後輪を追加で回しても前に出ません。

 そのため、雪道と判断したら最初から前輪と後輪もほぼ同時に回す必要がありますが、4モーションはこれが出来る。前輪がタイヤ角にして数10度空回りしたら、瞬時に判断して後輪にもトルクを伝え始める。実際、小沢がまず乗ったティグアン4モーションはほぼスタックをしませんでした。

 しかも、イジワルして前後輪ともにミゾにハマる氷結モーグル路に入っても凄い。これまた前が滑ると判断したら間髪入れず後輪も回すのですが、この後輪も滑ると最初は一瞬スタックします。

 ここからが凄く、4輪のブレーキを個別にツマミ、逆にグリップしているタイヤに微妙にトルクを伝えて数秒後にはスタックから脱出しちゃうのです。この微妙な制御がハンパない。
 
 さらにいうとキモチ良さも凄い。ここまでは4WD性能によるいわゆる危機管理、いわゆるスタック脱出でしたが、滑りやすい雪道でのワインディングでも絶妙な効き具合です。

 なかでも4モーションで選べる「オフロードモード」が楽しい。このモードではコーナリング全般、つまり進入の時も脱出の時も内側ブレーキを微妙につまんで曲がりを助けてくれます。

 具体的には、アクセルを踏みながらコーナーに進入すると、自然にノーズがインを向くのです。これが雪道を慣れた人ならわかりますが、凄く安心。ふつう重い普通の4WDだと直線的に真っ直ぐ進むだけですから。

 それどころかオフロードモードはコーナリングの脱出でアクセルを多めに踏むとリアがドリフトアウト、つまり外に出そうになるくらい。雪道で曲がらないどころか、運転が上手い人ならアクセルで曲がれるレベルなのです。

「スノーモード」選択で雪道での安心感向上

 さらに言うと、SUVモデルについている「スノーモード」が安心。オフロードモードをさらに安全性を向上させたモードで、単純に上手に内側ブレーキをつまんで曲がりを助け、同時にアクセルを踏みすぎてもドリフトアウトしません。

 最後に、VW車全般についてですがボディ剛性が高く、シャシー性能が高いので、雪道下りでのコーナリングブレーキが上出来すぎる。

 実は、雪道で一番怖いのはオーバースピード気味で入った下りで、ここでブレーキを踏んだ時にまっすぐ進んでしまうクルマと、ステアリング操作に忠実に曲がるクルマとは雲泥の差。VWなら雪道でもしっかり前のクルマをステアリングで避けられます。

 あらゆる雪道シーンで安心な4モーション。これから雪道に強いクルマといったら「VW?」なのかもしれません。

【了】

雪道を駆け抜けるフォルクスワーゲンの写真を見る(8枚)

【最安値航空券】行楽シーズンも国内最安はスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事