高速道路上の「まさか!」事故が絶えない NEXCO西日本発の「安全運転4箇条」とは

NEXCO西日本は、管内における平成30年の交通死亡事故発生状況を発表しました。死亡事故発生件数、死亡者数ともに減少し、道路公団民営化以降過去最少となったようです。 それでも後を絶たない「まさか!」の事故の対策とはどのようなものなのでしょうか。

高速道路上で「人」や「停止車両」への衝突が後を絶たない

 交通事故は日本全国で毎日にように発生しています。クルマ同士であったり、クルマとバイク、クルマと人、クルマ単独であったりと、さまざまなケースが想定されますが、事故をゼロに近づけるにはまだまだ相当な年月が必要です。

自分が気をつけていても事故は起こるものという意識を持ちましょう

 しかし、事故件数、死傷者数は年々減少傾向にあるのも確かです。

 理由として、警察や自治体、道路会社、JAFなどの関連団体が行っている事故防止の啓蒙活動の成果や、飲酒運転に代表される法律の厳罰化、衝突被害軽減ブレーキなど先進安全装備の普及などが考えられます。

 そんななか、NEXCO西日本は、管内における平成30年の交通死亡事故発生状況を発表。平成30年は、平成29年に引き続き、死亡事故発生件数、死亡者数ともに減少し、道路公団民営化(平成17年10月)以降過去最少となりました。

 平成30年における交通事故の発生状況では、32件(38件)の死亡事故が発生し、35名(41名)の尊い命が失われています。(カッコ内は平成29年のもの)

 また、高速道路上で、「人」や「停止車両」に衝突する「対人事故(2件)」、「対停止車両事故(9件)」が発生するなど、『まさか!』と思える事故が絶えません。

 NEXCO西日本では、高速道路の利用者に安心・快適な道路環境を提供するため、事故多発箇所を中心としたハード対策や交通安全キャンペーン等によるソフト対策など、各種交通安全対策に取り組んでいるとしています。

 そのほか、近年件数が増加した「逆走事故」をゼロすることを早期実現するため、ハード・ソフトの両面で逆走対策を推進しているといいます。その事例を紹介します。

NEXCO西日本による事故発生状況と対策の画像を見る(5枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2

最新記事