マツダ 新型「マツダ3」試乗で驚きの連続! ついにクラス王者VWゴルフ超えも

本命スカイアクティブXはまだだが全体的に「高い完成度」

 この後北米仕様のセダンに乗り換えて帰路についたが、オールシーズンタイヤのせいかトレッドが柔らかく路面の動きをボディに伝える。そのため先のハッチバックほどの感動はありませんでした。ただそれでも走りはクラストップといっても差し支えないレベルではあります。

マツダ 新型「Mazda3」セダンモデルの走行シーン

 あらためて、新型「マツダ3」の印象をまとめてみると、デザイン、内外装のクオリティ、静粛性と乗り心地、街中と高速での乗り味の良さ、ワインディングでのハンドリングはパーフェクトといえる内容です。そしてもうこの時点でCセグメントの頂点に位置するといえます。

 一方でウィークポイントといえば、パワーユニットでしょう。2リッターM Hybridと、2.5リッターガソリンはともに、パワフルさやレスポンスの良さで物足りず、エンジン自体の魅力があるとは言い難いです。さらにマツダコネクトのHMI(ヒューマンマシンインターフェイス)は新たにゼロから開発されて扱いやすくなりましたが、先進性に関してはやや物足りなさもありました。

 たとえばメーター内の液晶がコストの問題からセンター部分だけで速度表示のみと古臭い。最近のライバルの多くは全面液晶を採用しつつあるが、マツダコネクトの液晶パネルはサイズも小さい。

 さらに最近は会話方式によるHMIを持つクルマが登場しているだけに、それらに対抗するような機能は欲しいところです。

 こんな具合で不満もありましたが、全体として間違いなく驚きの仕上がりだったのは間違いない。それはマツダが今までコツコツと積み上げてきた価値観と世界観が、ついに世界のベンチマークを凌駕しそうなほどに到達した証でもあるのです。

 もちろん、まだまだ手放しで絶賛はできませんが、その可能性を存分に見せているから大いに期待したいところ。それにマツダは最近、事あるごとに商品をブラッシュアップして我々に届けてくれている。そう考えると、日本での発表および試乗や、本命スカイアクティブXが組み合わされる時が実に楽しみです。

 このクラスの王者であるVWゴルフも間もなくフルモデルチェンジして我々を驚かせることは間違いないですが、マツダ3も今後の成長次第ではゴルフ同様にクラスのベンチマークとして名前が上がる可能性は高いでしょう。それほどまでに「高い完成度」を今回の新型マツダ3からは感じました。

【了】

マツダ 新型「マツダ3」のエンジンなど詳細を画像でチェック(45枚)

【格安航空券・早いほどお得!】春休みの予定はもう決めた?

画像ギャラリー

1 2 3 4

最新記事