スズキが1.2リッターエンジン搭載し、全面刷新した新型「ワゴンR」を発売

スズキのインド子会社マルチ・スズキは、小型乗用車「ワゴンR」を全面改良して2019年1月23日より販売開始すると発表しました。インド製として3代目となる新型「ワゴンR」は初めてAセグメントの専用ボディとなります。

はじめてのAセグメント専用ボディ採用の新型「ワゴンR」

 スズキのインド子会社マルチ・スズキは、小型乗用車「ワゴンR」を全面改良して2019年1月23日より販売開始すると発表しました。

マルチ・スズキから発売された新型「ワゴンR」

 インド製として3代目となる新型「ワゴンR」は、新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を新たに採用し、インドの「ワゴンR」として初めてAセグメントの専用ボディとなります。

 従来モデル比で全幅を145mm拡大し、ボディサイズは全長3655mm×全幅1620mm×全高1675mmです。

 また、力強く安定感のあるデザインに刷新することで、ワゴンRの特長である広い室内空間を実現しています。

 エンジンはこれまでの1リッターガソリンエンジンに加え、よりパワフルな1.2リッターガソリンエンジンを新たに設定し、軽量・高剛性の車体との組み合わせにより、安全性を高めながら優れた低燃費と快適な走行性能を両立。

 1999年にインド市場へ投入した「ワゴンR」は、スズキが得意とする小型エントリーカーの主力モデルとして高い評価を得て、これまで累計で約220万台を販売しています。

 なお、2018年のインド国内における「ワゴンR」の販売実績は15万2020台でした。

 新型「ワゴンR」の生産はマネサール工場で行われ、マルチ・スズキ社のアリーナ店を通じて販売されます。

【了】

インドと日本の「ワゴンR」を画像でチェック(4枚)

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

最新記事