日本で一番売れてるクルマ「N-BOX」の成功がホンダに及ぼす影響とは?

2018年に24万台を販売し、軽自動車・乗用車含めて売り上げトップを誇るホンダ「N-BOX」は、今ではホンダの屋台骨を支える主力モデルに成長しました。なぜ「N-BOX」はそんなに人気があるのか? 大ヒットした理由に迫ります。

シリーズ誕生から、ほとんどの年で販売ランキング1位を獲得するホンダ「N-BOX」

 ホンダ「N-BOX」の勢いが止まりません。昨年の2018年(2018年1月から12月)の年間販売は24万1870台で、「N-BOX」として過去最高を記録しました。軽自動車としては2015年から4年連続販売台数ナンバー1を獲得。普通乗用車をあわせても2年連続の1位と、まさに、いま日本で一番売れているクルマが「N-BOX」と言っていいでしょう。

日本一売れてるホンダ「N-BOX」

 しかも「N-BOX」は、直近だけではなく、シリーズ誕生から、現在まで、ずっとヒットし続けているというから驚きです。初代「N-BOX」が誕生した2011年こそランキング外ですが(それもそのはず、デビューは12月でした)、2012年から2018年まで、軽自動車の年間ランキングは2014年を除いた他は、ずっと1位のまま。直近は4年連続1位というよりも、シリーズ誕生から1位を譲ったのは2014年の1回だけという、偉大なチャンピオンなのです。

PRホンダ N-BOXの中古車情報はコチラ!

 ちなみに、ライバルとなるダイハツ「タント」とスズキ「スペーシア(旧・パレット)」が、「N-BOX」を脅かしたのは、2台ともにフルモデルチェンジをした直後の2014年のみ。この年は、ランキング1位が「タント」で2位が「N-BOX」で、その差は約3万台でした。

 しかし、それ以外の年は、ほとんど5~10万台以上の差をつけて「N-BOX」が圧勝しています。それだけ「N-BOX」の人気がすごいということを数字が示しています。

世間のニーズに応えた「N-BOX」の特徴とは?

 では、いったいナゼ「N-BOX」は、それほどまで人気が高いのでしょうか?

 さまざまな理由が考えられますが、シンプルな答えは「世間のニーズに応えているから」ということでしょう。では、どんなニーズに応えているのか? それは「N-BOX」がどのようなクルマであるかが答えになるのではないでしょうか。つまり「N-BOX」の特徴そのものです。

 まず、「N-BOX」の誕生当時のころを振り返ってみたいと思います。「N-BOX」の誕生は、2011年12月ですが、そのころのホンダの軽自動車ビジネスは、あまり調子が良くありませんでした。当時のホンダ軽自動車は主力の「ライフ」で、2011年の年間販売ランキングは6位。他にランキング入りしていたのは15位の「ゼスト」のみと、正直パッとしません。

 そこでホンダは勝負に出ます。軽自動車全体のプラットフォームを統一。ラインナップも一新して、「N-BOX」に始まる新しい「Nシリーズ」を立ち上げます。あわせて生産体制も刷新しました。つまり「N-BOX」は、ジリ貧であったホンダの軽自動車ビジネスを起死回生させるため、お金もたっぷりかけた大きな挑戦だったのです。

日本で一番人気がある「N-BOX」やNシリーズの画像を見る(21枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

【特集】東京モーターショー2019 開幕!

最新記事